テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【江戸川シーズンズ】

台風の影響の爪痕を探って、荒川、隅田川、神田川を巡る(その227)


10月13日、江戸川を見ると、昨夜の台風19号によって川の水面はかなり高く、流れはゆっくりであったがやっと持ち堪えているようであった。その日正午頃、JR市川駅から総武緩行線で平井駅まで行った。
やっと動き出した、総武線であったが、車内は結構混んでいた。
電車を降り、駅前のロータリーから蔵前通りを荒川の方向へと30分ほど歩いた。

3年前まで、サイクリング車でよく来た、荒川の土手下の河原を歩くと、流れが速い濁流が目に入ってきた。
泥を含んだその水の流れは、昨日の嵐の大きさを感じさせた。




まだ風が強く、ゴーッという音を伴って、絶え間なく走り去って行った。
土手の上を見渡すと、東京スカイツリーが頭を出していた。
暫らく、ビデオを回し、ぬかるんだ河原の土と格闘した。

30分ほど現場にいて、駅に引き返し、電車に乗り、浅草橋駅で下車し、隅田川に向かった。
川沿いのテラスまで10分ほど歩き、遊歩道に辿り着くと、東京スカイツリーが真正面に大きく見えた。




この川の流れは思いのほかゆっくりで、濁流ではあったが、荒川に比べて、おとなしい様子であった。
テラスでは、ジョギングや散歩をする人々が、それぞれの日曜日を楽しんでいる様子だった。

テラスから出て、少し歩き、神田川に架かる柳橋に出た。
隅田川との合流場所にカメラを向けると、大きな空き缶が漂っていた。

神田川の上流の方向に歩いて行くと、屋形船がずらりと並んでいた。
浅草橋辺りでは、台風対策を解除する為か、小型の船が横付けになって、数人がロープを操作していた。



近くの鯛焼き屋では、外国人10人ぐらいが黒のサイクリング車から降りて、一斉に並んだ。
ビデオを撮らせてもらおうと、ガイドの日本人に頼むと、食べるまで時間がかかるがそれでも良いかと言われ、時間がないので諦めた。

その日は、そのまま浅草橋から帰途に就いた。
空は、不気味にも真っ青に染まり、時折白い雲が浮かんでいた。
空気は乾いていて、長袖のTシャツで、丁度良かった。



戻る

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.