テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【江戸川シーズンズ】

プラタナス並木に訪れる秋の気配・新宿御苑(その230)


11月3日、朝8時半頃、JR市川駅から総武緩行線で、千駄ヶ谷駅まで行った。
それほど寒さは感じなかったが、薄いジャンパーを羽織っていた。

千駄ヶ谷駅は、東京オリンピックを前にして、駅の改良工事が佳境に入っていた。
目の前にある新国立競技場は、マラソンと競歩のメイン会場であったが、先週急遽札幌に変更された。

5分ほど歩くと、新宿御苑の千駄ヶ谷門に着き、そこから中に入ると、シーンと静まった秋の気配を感じた。
昨年来た時には、プラタナス並木の紅葉が、既に終わっていたので、今年は少し早目に来てみた。

プラタナス並木に直接行く道は、通行止めになっていたので、中道を通って行くことにした。
中を歩くと、まだ9時過ぎというのに、かなりの客が入っていた。
外観からすると、外国人の方が多いような感じがした。



薔薇園側から、プラタナス並木に歩いて行くと、並木道は一面プラタナスの落葉で埋まっていた。
この公園の素晴らしいところは、並木道の下だけ、落ち葉を残し、その他のところは落ち葉を綺麗に取り去っていることであった。






残されたプラタナスの落ち葉から、強烈に秋を感じた。
プラタナスの木の紅葉はまさに盛りで、黄色に染まって、葉が落ちるところだった。
落葉が、絨毯の様に前方にと広がっている。


たまに通る人が、ベンチに座ったり、家族で戯れたりしていた。
そうした光景が、広く長い並木道の向こうに影絵のように見えた。

暫らく、プラタナス並木で、秋の情景を楽しみ、それから薔薇園で花を観賞し、歩きながら紅葉をビデオカメラに収めた。
行き交う人々は、御苑の秋を満喫しているように見えた。




2時間ほど、その感触を楽しみ、入ってきた千駄ヶ谷門に向かい、その日の散歩を終えた。
その頃には、一面曇りだった空にも、青空が見える程になっていた。

帰途に就くと、また工事中の千駄ヶ谷駅に戻り、そのまま市川駅まで緩行線に乗った。
電車の中では、深まって行く秋を味わい、来週の予定を頭の中で思い描いていた。




戻る

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.