テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【江戸川シーズンズ】

流行り病と異常気象の影響を感じながら「千鳥ヶ淵」「隅田公園」へ(その251)


3月22日、その日の朝、市川駅から9時6分の総武快速線に乗って、馬喰町で都営新宿線に乗り継ぎ、九段下駅まで行った。
乗り継ぎが順調にいき、僅か25分で着いた。意外に短時間だったので驚いた。

地下鉄の長い階段を上って、地上に着くと、北の丸公園の桜並木が見えた。
ちょっと目には、6分咲きのように感じた。

青空の元、お堀に覆いかぶさるように枝垂れた桜の木が、ずらりと咲いていた。
工事が終えた歩道者用のプロムナードに沿い、千鳥ヶ淵の方に歩いて行った。

今年は異常気象で、ソメイヨシノの盛りのタイミングがかなり早まった。
しかも、東京の開花が全国一早く、桜はもう満開に近くなっていた。



花見客の数は、新型コロナウイルスの世界的流行の所為で、例年の半分ぐらいになっていた。
千鳥ヶ淵に到着すると、毎年の様に太い桜の木に花が、今が盛りと咲いていた。

お堀に桜が映り、風に揺れる様は、毎年鑑賞している者として、春の訪れを強く感じさせるものであった。
それにしても、千鳥ヶ淵の桜は、巨木が揃い、見事だと改めて感心した。
しかも、毎年、押すな押すなの人の波であったが、今年はスカスカの人出で快適でもあった。





例年の様には、夜のライトアップもしないようで、いささか落胆も感じたが、これはこれで良い様に思えた。
約1時間はそこにいただろうか、ジャンパーのチャックを外し、マフラーを取って、バックに入れた。少し汗ばんでいた。

九段下駅に戻り、都営地下鉄九段駅から馬喰横山駅へと移動し、浅草線へと乗り換えた。
駅名は、東日本橋駅であったが、僅か120メートル位歩いたところにその駅があった。

そこから3つ目の浅草駅で降り、スカイツリーを仰ぎながら、隅田川沿いの公園を歩くことにした。


隅田川沿いのその辺りには、時折、カモメが大きな翼を広げて飛んでいた。
その鳥が、堤防の石塀の上に止まり、何やら仲間を探している様子であった。





ここの桜の花は、まだ5分咲きで、華やかさは感じなかった。
対岸の桜は、それでもピンクに色づき、行きかう遊覧船と良い調和感を演出していた。

その日は、そこから都営線の浅草駅まで歩き、2つ目の浅草橋駅でJRに乗り換え、市川駅までの帰路に就いた。
市川駅で、時計を見たら12時半であった。











戻る

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.