テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【時流】

国連安保理・北朝鮮に制裁決議・石油精製品の供給・大幅に制限(12月23日)
北朝鮮が先月29日に弾道ミサイルを再び発射したことを受けて米国が新たな制裁決議を提案し、日本時間のきょう未明、国連安全保障理事会で全会一致で採択された。



決議はガソリンなどの石油精製品の北朝鮮への輸出を年間450万バレルから50万バレル以下へと90%近く削減することが柱で、米国は「過去にない最強の制裁だ」としている。...
全部読む


“エルサレム地位変更・無効”国連総会・決議採択(12月22日)
米国のトランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認めたことを受けて国連総会で緊急の会合が開かれ、エルサレムの地位の変更は無効だとする決議が賛成多数で採択され米国の決定に対する国際社会の反発と懸念が改めて示された。



米国のヘイリー国連大使は“米国が国連に対する最大の拠出国”と述べ決議案に賛成した国への援助削減をちらつかせた。...
全部読む

米国・国連決議案賛成の国“財政支援打ち切りも”(12月21日)
米国・トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認めると宣言したことを受けて、国連では21日、パレスチナの要請に基づき全加盟国が出席する国連総会の緊急会合が開催され、エルサレムの地位の変更は無効だとする決議案の採決が行われる予定だ。



これを前に米国・ヘイリー国連大使は全ての国連加盟国に対しメールを送り、事実上、決議案に賛成しないよう求めた。...
全部読む

新型迎撃ミサイルシステム「イージスアショア」導入・閣議決定(12月20日)
政府は昨日の閣議で地上配備型の新型迎撃ミサイルシステム「イージスアショア」2基、導入をすることを閣議決定した。



北朝鮮の核ミサイル開発が新たに段階の脅威となる中、弾道ミサイル攻撃に備え防衛能力を高める方法である。...
全部読む

「イージスアショア」2基導入を閣議決定(12月19日)
北朝鮮の核ミサイル開発が新たな段階の脅威となる中、政府はきょうの閣議で、弾道ミサイルによる攻撃に備えて防衛能力を抜本的に高める必要があるとして、地上配備型の新型迎撃ミサイルシステム「イージスアショア」2基の導入を決めた。



新型のICBM級の弾道維サイルを発射した北朝鮮は、射程距離を伸ばすだけでなく、発射能力も向上も図っている。...
全部読む

過去の記事
1 ... 35 36 37 . 50 60 70 . 171

「時流」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.