テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【時流】

PKO部隊の日報問題・来週10日に閉会中審査(8月4日)
PKO部隊の日報問題をめぐって衆議院安全保障委員会は理事懇談会を開き、来週10日に閉会中審査を行うことで与野党が合意した。


野党側が安倍首相と稲田元防衛相の出席を求めたのに対し、与党側は「小野寺防衛相が説明するので必要ない」として応じられないという考えを示して折り合わず、引き続き協議することになった。...
全部読む

人工知能・中国共産党批判でサービス停止(8月3日)
中国の大手IT企業・テンセントがインターネット上で提供している人工知能のキャラクターが、中国共産党を批判したことからサービスが停止され話題となっている。


香港メディアによると、このサービスで“中国共産党万歳”という書き込みがあったのに対し、人工知能のキャラクターは「こんなにも腐敗して無能な政治に万歳するのか」と反論した。...
全部読む

防衛体制急ぐ中国(8月2日)
米国が北朝鮮の弾道ミサイルに対処するためとして韓国で配備を進める最新の迎撃ミサイルシステムTHAADやF22について、これに反発する中国が先週、このシステムに似せた標的を弾道ミサイルなどで破壊する試験を行っていたことがわかった。


韓国は先月28日の北朝鮮による弾道ミサイルの発射をうけ本格運用を急ぐ姿勢を示している。...
全部読む

日本とは異なるASEAN諸国の中国・北朝鮮への姿勢(8月1日)
8月5日からフィリピン・マニラで開催されるASEAN外相会議の共同声明案の内容が判明し、中国が海洋進出の動きを強める南シナ海の問題については、懸念に留意すると言う表現にとどまるなど、2016年9月の議長声明「深刻な懸念」よりトーンダウンし、中国に配慮した形となっている。


また草案は南シナ海での中国の主張を否定した国際的な仲裁裁判の判断にも触れておらず、中国よりの外交方針を取る議長国フィリピンの意向が反映されたものとみられる。...
全部読む

日米首脳・北朝鮮ICBM発射後初めて電話で会議行う(7月31日)
北朝鮮が弾道ミサイルを発表したことを受け、安倍首相は米国・トランプ大統領と電話で会談し、日米の防衛体制や能力向上のため、具体的行動を進めていくとともに、圧力を強化していくことで一致した。


ICBM(大陸間弾道ミサイル)の2回目の発射実験に成功したと発表した北朝鮮は、キムジョンウン朝鮮労働党委員長夫妻の出席のもと、祝賀の宴会を催した。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 … 134
「時流」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.