テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【時流】

日ロ平和条約・「4島帰属」を前提条件にせず(9月23日)
23日、読売新聞朝刊一面トップに「日本政府、対ロ交渉で2島返還が最低限」という題字内容の記事が掲載されていた。
同時に副題として「平和条約交渉で4島の帰属を前提にせず」とあった。



複数の政府関係者が明らかにしたというこの記事は、択捉と国後については日本に帰属するとの立場を堅持し、平和条約締結後の継続協議事項とし、自由訪問や共同経済活動を行いながら、返還に繋げてゆく案などが検討されていると伝えていた。...
全部読む

北朝鮮・新型ミサイル燃焼実験成功か?(9月20日)
北朝鮮に対する制裁で、19日も国連で会談をし、米中首脳は新たな制裁決議について協力することを確認しているが、その内容にはまだまだ本質的な乖離が見られる。
そうこうしている内に、北朝鮮の動きはますますエスカレートしている。



朝鮮中央通信は20日、「北朝鮮が新型ロケットエンジン燃焼試験に成功した」と報じた。...
全部読む

「核なき世界」法的束縛力削除される(9月16日)
オバマ大統領が提唱する「核なき世界」であるが、安保理の決議案から法的拘束力が消えたようだ。
情報によると、「包括的核実験禁止条約(CTBT)についての安保理決議案」が13日安保理メンバーに配布された。



その内容は、「すべての国に爆発を伴う核実験や、そのほかの核爆発の実施を自制する」よう求め、「核保有国に対しても爆発を伴う核実験の自発的な停止処置を維持する」ことも要請している。...
全部読む

中ロ「北朝鮮」追加制裁に同意する(9月15日)
13日夜、韓国ユンピョンセ外相は、ロシア・ラブロフ外相と中国王毅外相との間で、それぞれ電話会議し、追加制裁の同意を得た。

ユン氏は、「国連と国連安全保障理事会の権威を無視し核実験を強行した北朝鮮に厳しい代価を支払わせることで新たな挑発を防ぐことが重要だとし、強力な安保理決議を速やかに採択し国際社会としての断固たるメッセージを伝える必要があると強調したという。



ロシア外務省も電話会談後に、「双方は安保理決議などを損ねた北朝鮮の危険な行動に一致した懸念を示した」と発表し、「ロシアは朝鮮半島の核問題を政治、外交的に解決する以外にないという点を強調した」と述べた。...
全部読む

韓国・核武装論再燃(9月14日)
北朝鮮の5回目の核実験は、日本にも大きな衝撃を与えた。
特に、千キロも飛行し、しかもほぼ同じ日本のEEZ内に3発着弾した、ミサイル実験から数日後に行われたことで、従来とは比較にならない大きな衝撃を覚えた。



北朝鮮と国境を接している韓国でも、大きな衝撃が広がって、「核武装論」が再燃している。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 3738 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 69 70
71 72 73 74 75 76 77 78 79 80
81 82 83

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.