テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【時流】

韓国外相初来日・日韓合意交渉の検証内容など説明へ(12月17日)
韓国の康京和外相が今週日本を訪問して河野外務大臣と会談することになった。

会談では核やミサイル開発を続ける北朝鮮への対応や慰安婦問題をめぐって意見を交わすものと見られる。
この内、慰安婦問題を巡っては韓国の外務省が今年7月に立ちあげた日韓合意を検証する作業部会の内容や進捗状況について日本側に説明する見通し。



文在寅政権は年内にもまとめられる検証結果を受けて慰安婦問題にどのような方針で臨むかを決めることにしていて、合意の中で慰安婦問題を「最終的かつ不可逆的に解決する」としたことやソウルの日本大使館前の慰安婦問題を象徴する少女像について韓国側が「適切に解決されるよう努力する」などとした内容について作業部会がどのような展開を示すかが焦点となる。

北朝鮮・安保理へ異例の出席・激しい応酬戦(12月16日)
北朝鮮の発言を日本側は「北朝鮮はこれまでの立場を繰り返すに留まった」と冷静に受け止めた。
しかしながら、北朝鮮の安保理出席は、極めて異例で注目に値する。

河野外相は会合の最後に「国際社会は核武装した北朝鮮を断じて容認しない」と述べた。

北朝鮮に今の方針を転換させるため、国際社会の一致した対応を示す狙いがあったとみられる。



日本は今月を最後に安保理の非常任理事国から外れるため、今後は関係国の一つとして議論に参加する事になる。...
全部読む

米国・「経済拡大」で利上げへ(12月15日)
FRBは米国経済は緩やかな拡大が続くとして、今年3回目の利上げに踏み切ることを決めた。

イエレン議長の任期は来年2月で終わり、退任することになるが、FRBは公開市場委員会で政策金利を0.25%引き上げ1.25~1.5%にすることを賛成多数で決めた。



10年ほど前には5%を超えていたが、リーマンショック後の深刻な不況から抜け出すため、ゼロ金利、量的緩和という異例の政策が続いた。...
全部読む

WTO閣僚宣言採択できず(速報)(12月14日)
WTO閣僚会議は13日、焦点となっていた閣僚宣言を採択できないまま閉幕した。

これは米国の反対などによるもので、採択の見送りは6年ぶり。
多国間の自由貿易体制は打撃を受けることになった。
出席していた世耕経産大臣も「何も決められない組織として漂流する懸念を強く持った」と指摘した。

「南京事件」から80年・習近平主席演説せず(12月14日)
南京事件から80年となるき昨日、中国政府は追悼式典を開き、習近平国家主席は出席したが演説は行わず、日本への配慮がみられた。



中国政府は12月13日を「南京事件」の国家追悼日と定めている。...
全部読む

過去の記事
1 ... 36 37 38 . 50 60 70 . 171

「時流」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.