テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【時流】

火星15型映像公開・米国本土到達の可能性・トランプ大統領「小さなロケットマンは病気だ」(11月30日)
北朝鮮は新型弾道ミサイル火星15型の映像を公開し、それに対しトランプ大統領は「小さなロケットマンは病気だ」と批判した。

国連安全保障理事会で米国・ヘイリー国連大使は「全ての国に北朝鮮とのあらゆる関係を発つことを求める」と述べた。



さらにトランプ大統領は習近平国家主席に電話で原油の供給を断つよう求めたことも明らかにした。...
全部読む

トランプ大統領・「中国はあらゆる手段を駆使する必要がある」(11月30日)
昨日、約2か月半ぶりに北朝鮮が発射した弾道ミサイルであるが、政府は米国全土やヨーロッパも射程に入る新型ICBM大陸間弾道ミサイルとの見方を強めている。



米国・トランプ大統領は中国・習近平国家主席と電話で会談し、中国があらゆる手段を駆使する必要があると伝えた。...
全部読む

北朝鮮のミサイル技術は向上し、日米には軍事予算の増加圧力が(11月29日)
日本時間で、本日午前10時45分にトランプ大統領は、ツイッターで次のように述べた。
「北朝鮮のミサイル発射を受け、我々の政府は軍事予算確保の重要性がより一層増した!民主党は軍事予算を恩赦や不法移民と引き換えに保留すべきでない。
私は不法移民入国を訴え出馬し大勝利したのだ。民主党の要求を満たすために政府機関閉鎖を迫ることはさせない。」


北朝鮮のミサイル発射を受け、トランプ大統領は更なる軍事予算の確保を議会に求めるようだ。
当然、わが国にもそのような要求をしてくると考えなくてはならない。

今回の北朝鮮のミサイル実験は、高度4千キロを超えて行われ、日本列島の上を跳び越すのではなく、日本海に着水する様に計画されたものと見られ、それだけ北朝鮮のミサイル技術が向上していると考えられる。

日本にとって、ますます厄介な状況となってきた。

北朝鮮・弾道ミサイル発射・高度4000キロ超 ・EEZへ(11月29日)
北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、青森県西方の日本のEEZ(排他的経済水域)に落下したとみられている。



安倍総理大臣は米国・トランプ大統領と電話で会談し、北朝鮮の脅威に対処するための能力向上をさらに進めるなどいっそうの圧力強化につとめていくことを確認した。...
全部読む

規制改革推進会議答申案・電波の割り当て制度“新方式導入”(11月28日)
政府の規制改革推進会議は、電波の割り当て制度の改革や待機児童解消に向けた保育制度見直しなどの重点検討分野について、改革の方向性を盛り込んだ答申案をまとめた。



電波の割り当て制度の改革で、民間の新規参入を促すため電波の周波数帯の利用権を競争入札で決める「電波オークション制度の導入」について、業界団体などからの慎重な意見を踏まえ継続課題にするとしている。...
全部読む

過去の記事
1 ... 40 41 42 . 50 60 70 . 171

「時流」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.