テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【時流】

北朝鮮・制裁逃れ阻止へ・日仏が連携確認(1月27日)
小野寺防衛大臣が防衛省でフランス・パルリ国防相と会談し、日仏両者が自由で開かれたインド太平洋戦略の推進へ今後さらに連携を強化していくことで一致したほか、北朝鮮の核ミサイル開発は国際社会に対する重大かつ差し迫った脅威だとして、あらゆる手段で北朝鮮への圧力を最大限まで高めていくことを確認した。



また、自衛隊とフランス軍がACSA(物品役務相互提供協定)の早期の署名と発効を目指して協力するとともに、海上だけでなく陸上でも共同訓練を行うなどして防衛協力を強化していくことで一致した。...
全部読む

米国の利益に見合うなら“TPP復帰の可能性”(1月26日)
TPPを巡っては、トランプ大統領が1年前に離脱を表明、米国を除く11カ国が3月に署名式を目指すことで一致している。



トランプ大統領は米国CNBCテレビのインタビューで“もし十分よい協定になるならTPPに加わるだろう”と述べ、米国の利益に見合う内容になる場合、TPP復帰の可能性もあるという考えを示した。

TPP参加の11カ国はひとまず歓迎するものとみられる。
ただトランプ政権はこれまで日本に対し、多国間ではなく2国間貿易を進めるなどして、日米のFTA・自由貿易協定の交渉入りに意欲を示してきただけに今後の対応が注目される。


米国トランプ大統領・TPP復帰の可能性示唆(1月26日)
トランプ大統領は米国CNBCテレビのインタビューで“もし十分よい協定になるならTPPに加わるだろう”と述べた。

米国・CIA長官“北朝鮮次は複数同時発射能力”(1月25日)
米国CIA中央情報局・ポンペイオ長官が講演した。




その中で、北朝鮮が核・ミサイル開発を断念する兆しが見られないという見方を示し、そのうえで「論理的に次の段階は兵器集積だ」と述べ、北朝鮮が次に目指すのは米国に向け弾道ミサイルを複数同時に発射する能力だと指摘し、それを阻止する考えが重要だという考えを示した。

日韓首脳会談も調整・首相・平昌五輪開会式出席の意向を固める(1月24日)
安倍首相が平昌五輪の開会式に出席することを固めた。
安倍首相は「開幕式に行き、そしてまた選手団を激励したいと考えている。同時に日韓首脳会談を行い、日韓の慰安婦合意について日本の立場をしっかりと伝えていきたい」と述べた。



開会式をめぐっては韓国・文在寅大統領が安倍首相の出席を強く求められていた。...
全部読む


過去の記事
1 ... 5 6 7 ... 20 ... 147

「時流」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.