テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【時流】

ドゥテルテ氏の背景(10月28日)
今回の来日で、ドゥテルテ大統領は「安倍総理大臣とは合計で4時間ほど非常にいい話し合いが出来た」と話した。ドゥテルテ大統領は安倍総理との首脳会談でも反米姿勢を明確にしたという。
また、日本滞在最終日、海上保安庁の巡視船に乗り込んだフィリピンのドゥテルテ大統領は、海上保安庁による警備訓練を視察する為に横浜を訪れた。これまで「海の守り」を巡ってフィリピンと日本は特別な関係を築いてきた。



3年前に日本政府はフィリピンの海上警備能力を強化する為、巡視船10隻を供与すると表明し、8月にはまず1隻が引き渡された。...
全部読む

ドゥテルテ発言から読む「今後の東アジア」(10月27日)
26日、ドゥテルテ・フィリピン大統領が安倍首相と会談したが、その詳細は取材できない。
だが、ドゥテルテ氏が発言している公開情報から、考えている実態がはっきりし始めた。



ドゥテルテ氏は、米国との軍事同盟関係や経済関係は、現在のまま保持するが、フィリピンに駐留している米軍は2年程度で、撤収して欲しいと考えているようだ。...
全部読む

「米国とは別れた」ドゥテルテ大統領の重い一言(10月25日)
第三者の日本の立場から見ると、フィリピン大統領ドゥテルテ氏の「米国とは別れた」という表現は、暴言の一言だと済ませてしまうが、米国にとっては大変重い一言に聞こえる。
この決別の意味は、果たして軍事同盟を破棄するのか、具体的に何を破棄するのか、決別するのか、極度の緊張を強いられることになった。



ケリー米国務長官は、23日、フィリピンのヤサイ外相と電話会談をし、ドゥテルテ氏が発言した「米国と決別する」と発言した真意を問いただし、その上でドゥテルテ氏のこうした発言が米国内外で、衝撃と混乱を与えていると指摘した。...
全部読む

衆院補選・「自民党大差で2勝」の意味するもの(10月24日)
23日、衆院東京10区、福岡6区で補欠選挙が行われた。

その結果は。自民圧勝であった。
特に、自民党分裂選挙の福岡6区でも、後から公認された自民党の鳩山二郎氏が10万票以上を獲得し、民進党の荒井富美子氏の4万票に大差をつけ、圧倒的な勝利を獲得した。



東京10区でも、自民党公認の若狭勝氏が7万5千票余りを獲得し、民進党の鈴木庸介氏の4万7千票を圧倒した。...
全部読む

読みにくいドゥテルテ大統領・25日に日本訪問(10月21日)
中国を訪れているフィリピン・ドゥテルテ大統領は20日、北京で開かれたビジネス会合で演説し、「軍事的にも経済的にも米国と決別する」と述べた。



会合前に行った習近平国家主席との初の首脳会談では、対立する南シナ海問題では突っ込んだ議論をせず、関係を改善で一致。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 … 118
「時流」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.