テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【時流】

マレーシア警察・初めて発表(2月19日)
19日、マレーシア警察幹部は、事件後初めて「北朝鮮籍の4人の容疑者を特定した」と発表した。
その4人は、13日にマレーシアを出国したという。

30代から50代のその4人の男たちは、先月にマレーシアに入国したという。
4人は北朝鮮の工作員とみられるが、北朝鮮政府とこの事件の関係があるかどうかは分からないとしている。



検視の結果が出てから、遺体の引き取りについては結論を出すとしている。...
全部読む

中・米は北朝鮮の暴挙をどう止めるか(2月18日)
中国の王毅外相は世界各国の首脳や閣僚などが安全保障をテーマに話し合う「ミュンヘン安全保障会議」(ドイツ)で演説した。その中で「(北朝鮮の核開発問題について)国連安保理決議を厳格に履行し核開発を有効に抑え込まなければならない」と述べ、国連安保理の制裁決議を着実に履行し問題解決に取り組む姿勢を強調した。



一方で王外相は「中国に責任を押しつけず、米国みずから対応する必要がある」という考えを示した。...
全部読む

トランプ大統領流の記者会見(2月17日)
珍しくトランプ大統領が記者会見を行った。
その中で、ロシアとのつながりに関してトランプ大統領は「フリン前大統領補佐官がロシアと協議していなければ自分がロシア大使と制裁について協議するよう指示していただろう」と述べた。



ある新聞記者が「これまでの大統領は考え方の違うメディアを避けようと努力したが、トランプ大統領は声に出して批判する。...
全部読む

トランプ氏・イスラエルのネタニヤフ首相と首脳会談(2月16日)
トランプ大統領はイスラエル・ネタニヤフ首相と首脳会談を行い、イスラエルと将来的なパレスチナ国家の2国家共存には必ずしもこだわらない方針を示した。
2国家共存はこれまで米国の歴代政権が和平交渉の原則としてきたもので、米国の政策が後退したものとみられる。



トランプ大統領は、米国大使館のエルサレム移転については意欲を示したが、イスラエルが加速させている占領地への入植活動については“少し自制してほしい”と釘を刺す場面もみられた。...
全部読む

フリン氏とロシア大使通話・FBIが傍受か(2月15日)
発足からわずか3週間のトランプ政権に衝撃となっているフリン大統領補佐官の辞任について、ホワイトハウスのスパイサー報道官は14日、記者会見がトランプ大統領自身が懸念を抱き更迭したと発表した。



トランプ大統領の側近で安全保障政策を担当していたフリン大統領補佐官。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 … 134
「時流」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.