テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【時流】

時流・安倍首相の目指すもの(10月8日)
今回の内閣改造と一週間程前に発表した新3本の矢から、安倍首相の目指す方向は、推進力がある安定した内閣を構築し、「活力がある日本」を目指したいのだろうと感じる。



推進力は、TPPの大筋合意を果たした「甘利明・経済再生大臣」である。...
全部読む

時流・低下する日本の実力・黄色信号に(10月7日)
為替の変動が激しく正確に日本の実力が把握しずらいが、GDPのドル換算で言えば少なくても米国の四分の一、中国の二分の一の状況になっている。


15年ほど前と比較するとGDPにおける日本の相対的存在感は、大げさに言えば二分の一になっている。...
全部読む

時流・TPP各国の批准まで(10月6日)
ようやくTPPは、大筋合意まで漕ぎ着けたが、この後各国の国会や議会での批准が必要となる。
各国共に、TPPによって不利益をこうむる産業や関係者が多くいる。
こうした集団を背景にした団体や政治勢力との国会や議会内外での政治的な厳しい戦いが、これからの第二ステージである。



日本だけでなく、どの国でもこうした政治的妥協を行わなくてはならない段階を経て、国家としての意思決定を行ってゆくことになる。...
全部読む

時流・TPP決着か(10月5日)
10月1日の当サイト「風の流れ」で論じたように、今回のTPP大筋合意は日本にとって極めて重要な成果になるであろう。



TPP(環太平洋経済連携協定)は、日本、米国、カナダ、豪州、NZ、チリ、メキシコ、マレーシア、ベトナム、ペルー、ブルネイ、シンガポールの12カ国が参加するGDPで全世界の4割を占める巨大な経済圏である。...
全部読む

時流・ロシアIS以外に空爆(10月2日)
9月29日の当コラムで、「米ロシリア巡り首脳会談」を取り上げた。
その際、オバマが最後までプーチンに歩み寄らなかったことに、少し疑問を感じていたが、オバマが危惧していたのは「ロシアの空爆はイスラミックステートではなく、ロシアが叩きたく考えている過激派組織に対して行われる」ことに拘りをもっていたのだろう。



オバマと米政府は、ロシアのそうした狙いを察知し、ロシアとは共に戦えないとの意思で、拒絶したのであろうと合点がいった。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 69 70
71 72 73 74 75 7677 78 79 80
81 82 83

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.