テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【スポーツの神様】

日本産“カツオ“松元克央が日本人初の表彰台(7月24日)
韓国・光州で行われている世界水泳選手権(通称「世界水泳」)。23日の男子200m自由形決勝で松元克央がこの種目で5年ぶりに日本記録を更新。日本人初となる銀メダルを獲得した。これは世界選手権・五輪通じて初めての快挙である。

松元は福島県生まれ、東京・葛飾の下町育ちの22歳。水泳を始めたのは小学校5年生から。その速さから周囲には名前の克央(かつひろ)をもじって“カツオ”の愛称で呼ばれていたという。...
全部読む


バスケ・八村塁&車いすバスケの記者発表会(7月23日)
プロバスケットボールNBA・ウィザーズの八村塁が22日、食品会社のスポンサーシップ契約記者発表会に出席した。日本人初のNBAドラフト1巡目指名での入団を果たして以降、国内で初めての会見の場だ。会場には多くの報道陣が詰めかけ注目の高さをうかがわせた。

30台のカメラと約150人の記者を前に「こういう風に注目されるのは日本バスケ界にとってすごく良いですし」と心境を語る八村。スポンサー契約は自身初の経験。...
全部読む
NBA・八村塁選手、日清食品とグローバルスポンサーシップ契約締結(再生)


大相撲名古屋場所・鶴竜復活と期待の三賞力士(7月22日)
久々に横綱同士の優勝争いが展開された大相撲名古屋場所。千秋楽での東西の横綱、鶴竜と1差で追う白鵬の49回目の対戦は40秒に及ぶ熱戦となった。巻き替えの応酬で二転三転する展開の末、最後はもろ差しとなった鶴竜が白鵬を寄り切り、7場所ぶり6度目となる賜杯を手にした。

これまで名古屋場所での優勝は無かった鶴竜。しかもこの3年連続で途中休場と苦手にしていただけに感慨もひとしおだろう、「名古屋のファンの皆さんに申し訳ないという思いがあったので。...
全部読む


陸上100m・小池祐貴が日本人3人目の9秒台(7月21日)
日本スプリント界に“第三の男”が名乗りを上げた。20日行われた陸上ダイヤモンドリーグ・ロンドン大会の100m決勝で小池祐貴が4位入賞。9秒98のタイムをマークした。日本選手が10秒の壁を突破したのは2017年の桐生祥秀(9秒98)と、今年5月と先月のサニブラウンアブデルハキーム(9秒99/9秒97)に続く3人目の快挙達成である。

「嬉しいですけど日本記録を更新したかったので、もうひと伸びできればよかったと思います」レース後、小池は自らの走りを冷静に振り返った。...
全部読む


日米スカウトが熱視線・高校最速右腕、佐々木朗希(7月19日)
“令和の怪物“が本格始動だ。大船渡高校3年の佐々木朗希(ろうき)が夏の高校野球・岩手大会3回戦に先発した。試合は10-0で6回コールド勝ちとなったため6イニングながら無安打無得点のピッチング。集まった日米13球団のスカウトたちを唸らせた。

「コントロールを意識した6割の力」だったという初戦の遠野緑峰戦では最速は147キロ。2イニング19球の投球だったが、この日の佐々木は155キロを記録し、先頭打者から4者連続を含め毎回の合計13個の三振を奪ってみせた。...
全部読む


過去の記事
1 ... 9 10 11 . 20 30 40 . 249

「スポーツの神様」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.