テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【スポーツの神様】

“雨ニモマケズ“流れを変えたラミレス監督の采配(10月25日)
思えば今年は1stステージから雨に泣かされたCSであった。プロ野球・セ・リーグCSファイナルステージ第5戦は、横浜DeNAベイスターズが、リーグ戦1位の広島東洋カープを9-3で破り、19年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。セ・リーグでシーズン3位からの勝ち上がりは、史上初めての“下剋上”である。

甲子園での雨中激闘から日を開けず連戦となった第1戦。マツダスタジアムでの試合も秋雨の中でのプレーボールに。...
全部読む

小平奈緒と高木美帆・二人のエースが激突!!(10月24日)
平昌オリンピックまで残すところ100日余りとなった。フィギュアではGPシリーズも開幕。いよいよ五輪シーズンの到来である。そこで、ここでは22日まで長野市オリンピック記念アリーナ(エムウェーブ)で行われてきた全日本スピードスケート距離別選手権大会について、総括をしてみたい。

距離別選手権は五輪代表選考の対象となるワールドカップへの出場権をかけた重要な大会。「目先の結果にはこだわらず、オリンピックシーズンが始まるという扉を開いていけるような気持ちのいいレースが出来れば」開幕前、そう抱負を語った女子短距離のエース小平奈緒。...
全部読む


村田諒太ベルト奪取!日本最重量級王者の重み(10月23日)
「“一歩”を踏み出す勇気が重要だと思っていた」WBA世界ミドル級タイトルマッチ。村田諒太、5か月ぶりのリマッチは、台風の接近で激しく雨に濡れそぼる両国国技館となった。

因縁の相手エンダムとの再戦。終始有利に試合進めながら、まさかの判定負けを喫した初世界戦への反省を、村田は「相手をリスペクトし過ぎた」ことと表現した。4Rでダウンを奪った後、エンダムのスタミナに警戒をし、しゃにむに倒しに行かなかったことを強く悔いていた。...
全部読む


期間にご注意!1月7日までは52円 年賀状投函始まる(17/12/15)

(速報)村田諒太世界王者に(10月22日)
WBA世界ミドル級タイトルマッチでアッサン・エンダムを破り、村田諒太が新チャンピオンに輝いた。日本初の金メダリストの世界王者となった。

5月のタイトル戦では不可解な判定が波紋を呼んでいた。

ダル&前田vs田中! WS日本人投手対決なるか(10月21日)
これまでMLBのワールドシリーズに出場した日本人は8人存在する(ベンチ入りメンバー)。だが、ア・リーグ、ナ・リーグそれぞれ日本人が出場して対戦したことは一度もない。今シーズンのWSではその可能性が高まってきた。

まず先にリーグ王者が決定したのはナショナルリーグだ。ドジャースは18日、第3戦・敵地グレーフィールドでの先発にダルビッシュ有を起用。初回いきなりソロホームランを喫したものの、すぐに味方打線の援護で逆転。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 … 139
「スポーツの神様」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.