テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【スポーツの神様】

世界を幻惑する孤高のストライカー(10月10日)
W杯ロシア大会のアジア2次予選。日本代表はここまで無敗のシリアに土をつけグループ首位に立った。前半はほとんどチャンスもないまま0-0で終了。日本ベンチを覆い始めた重苦しいムードを打ち払ったのは、やはり本田圭佑のPKだった。これで本田は国際Aマッチ通算32得点目。PKでのゴールはカズに次ぎ歴代2位の8点だ(1位・三浦知良9点、通算55点)。
 その本田は試合前、クラブ批判ともとれる発言で罰金を科せられる騒動があったばかり。...
全部読む
【日本代表inイラン】10/10 本田圭佑インタビュー(再生)

プロレスラー大臣誕生!(10月9日)
この報道に目を丸くした方も多かったのではないだろうか。自民党の馳浩衆院議員が、第3次安倍改造内閣で文部科学相として初入閣した。プロレス出身の国会議員はすでに何名もいるが、主要閣僚に上り詰めたのは馳氏が初めてだ。
高校3年時に国体で優勝した馳氏は、専修大学文学部に進学しレスリング部の主将を勤める傍ら教員免許を取得。卒業後母校星陵高校で国語の教鞭をとりながらロス五輪に出場した異色の経歴を持ち、これまでの教育行政での精力的な活動から、識者や野党からの評価もおおむね好評のようである。...
全部読む

レジェンド、マウンドを去る(10月8日)
ドラゴンズの山本昌投手(50)が現役最後の登板を果たした。50代の投手がマウンドに立つのはプロ野球史上初。最年長登板、最年長勝利投手などの数々の記録を打ち立てたが、同一チームで32年間勤続という実績は今後も当分破られることはないだろう。
 日大藤沢高校からドラフト5位でドラゴンズに指名されたのは1983年(昭和58年)。同期入団の高卒ルーキーはジャイアンツの水野雄仁、そして一昨年までライオンズの監督を務めた渡辺久信だ。...
全部読む

“暗黒時代”の再現を許さない(10月7日)
実に残念なニュースが飛び込んできた。現役プロ野球選手の野球賭博。それもまさかジャイアンツという名門球団からとは耳を疑う事態だ。
今回の件で、「野球くじ」(toto)の誕生は白紙となった。野球・ソフトボールの東京五輪での追加種目入りへの悪影響も避けられないだろう。問題が発覚した二選手は、事の重大さを全く理解していなかったのではないか?それほど浅はかで無責任な行動と言わざるを得ない。
 2010年、同じように野球賭博で大関らが解雇される事態になった大相撲は、その後も改革が後手に回り、八百長問題などで信頼が失墜。...
全部読む

ラグビー日本代表・逆風へのキックオフ(10月6日)
ラグビーW杯イングランド大会開幕を目前にした、8月25日。就任3年で日本の世界ランキングを9位にまで押し上げたエディー・ジョーンズ日本代表ヘッドコーチの退任が発表され、ラグビー界に衝撃が走った。
 しかし、そんななか大会を迎えた日本代表は南アフリカ、サモアを見事撃破。世界を驚かせたその躍進は、日本国内で大きな感動を呼び、人気も急上昇している。
振り返ってみれば、春先からの新国立競技場問題で2019年のW杯日本開催に水を差されてしまった感のある日本ラグビー。...
全部読む
ラグビー日本代表 サモア代表戦代表戦翌日 ヘッドコーチ、稲垣選手コメント RW(再生)

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 69 70
71 72 73 74 75 76 77 78 79 80
81 82 83 84 85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101102 103 104

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.