テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【スポーツの神様】

遅れてきたルーキー(9月29日)
27日のマジック点灯から一気のリーチ。スワローズが連勝で優勝マジックを1とした。先発した2年目・杉浦稔大は今季初勝利。クライマックスシリーズ(以下CS)に向けて貴重な戦力が揃ってきたのはチームにとって朗報だ。
 …ところで、この杉浦投手。右肩痛での長期離脱からの復帰だが、このシチュエーションはまるでデジャヴのよう?実はルーキーイヤーの先季もキャンプ中に右肘靭帯を断裂、シーズン終盤の9月24日にようやくプロ初勝利を上げている。...
全部読む

秋場所千秋楽・横綱の重みと誇り(9月29日)
大盛況の内に幕を閉じた大相撲秋場所。二横綱欠場という緊急事態のなか、一人横綱・鶴竜が昇進後初の優勝。何とか横綱の体面を保った。
 しかし、今場所の土俵を大いに盛り上げたのは何と言っても大関・照ノ富士であった。稀勢の里戦での膝の負傷により、出場が危ぶまれたが、千秋楽まで取り切り、優勝決定戦まで持ち込んだ敢闘精神には頭が下がる。怪我を押しての土俵には賛否は分かれるところだが、もし14日目から休場していたとしたら、賜杯争いはずいぶん味気ないものになっていただろう。...
全部読む

沢村賞投手・復活!(9月26日)
25日のマリーンズvsホークス戦に先発した涌井秀章が7回3失点の力投で今季13勝目を挙げた。ファイターズ・大谷翔平の14勝に次ぐハーラーダービー単独2位である。
 パ・リーグの試合をあまりご覧にならない方は、まだ涌井と聞くとライオンズ時代の印象が強いかも知れない。若獅子軍団のエースとして活躍し、二度のリーグ最多勝。2009年には沢村賞も獲得している。その後、ストッパーへ転向、13年オフに国内FAでマリーンズへと移籍した。...
全部読む
【プロ野球パ】助っ人コンビで速攻4点!ロッテ4連勝、埼玉西武と0.5差に 20(再生)

追悼~悲劇を再び起こさぬために~(9月25日)
突然の訃報だった。阪神タイガースの中村勝広ゼネラルマネージャーが宿泊先のホテルで急逝。まだ、66歳という若さ。GMとしての手腕を発揮する働き盛りでの早過ぎる最期である。
 2001年11月、南海ホークスの大エースでダイエー初代監督でもある杉浦忠氏も、マスターズリーグ遠征中、札幌のホテルで急性心不全により亡くなっている。奇しくも中村氏と同じく享年66歳であった。また、今年6月には大相撲の音羽山親方(元大関・貴ノ浪)も、2人と同様の症状で出張先のホテルで倒れ、帰らぬ人となったばかりだ。...
全部読む

敗れざる者・西口文也(9月24日)
野球の神様は彼に繰り返し試練を与えた。9回2死からヒットを打たれ、ノーヒット・ノーランの夢は再び潰えた。
 ライオンズの西口文也投手(42)が、23日現役引退を表明した。あと1アウトまで好投しながら、2度も快挙を逃した投手は、オリオンズの仁科、現役ではMLBのダルビッシュ有が記憶に新しい。しかし、西口の場合は9回27人の打者を完全に抑えるパーフェクトピッチングを達成しながら、味方の援護なく延長10回で記録が途絶えた「3度目の悲運」の存在がとりわけ強烈な印象を与えている。...
全部読む
ライオンズ一筋21年 西口文也投手が現役引退を表明(再生)

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 69 70
71 72 73 74 75 76 77 78 79 80
81 82 83 84 85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103104

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.