テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【スポーツの神様】

2019野球殿堂入り発表・権藤博氏の偉大な功績(1月16日)
国内のプロ野球などで顕著な活躍をした選手や監督、また野球の発展に大きな功績のあった人物を表彰する野球殿堂の今年の表彰者が発表された。プレーヤー部門は中日ドラゴンズで22年間プレーした立浪和義。エキスパート部門は元・横浜監督で日本一を達成した権藤博。そして特別表彰にアマチュア球界から元高野連会長の脇本春夫という3名が殿堂入りを果たした。

立浪はPL学園主将として春夏連覇を達成。ドラフト1位でドラゴンズに入団し、ルーキーイヤーから開幕戦でスタメン出場を果たし新人王を獲得した。...
全部読む
立浪氏と権藤両氏、野球殿堂入り 脇村元高野連会長も(再生)


新春高校スポーツ風物詩・サッカー&バレー選手権(1月15日)
平成最後の成人の日。第97回高校サッカー選手権決勝が行われ全国4058校の頂点が決定した。年末年始にかけて集中して行われる高校スポーツの選手権もこれでほぼ終了。今週の三連休にかけて行われたサッカーとバレーボールを中心に振り返ってみたい。

大会歌「ふり向くな君は美しい」でお馴染みの高校サッカー選手権。昨年の流行語にもなった「大迫、半端ないって」が生まれたのもこの大会である。今年の決勝の観客数は5万4000人を超えた新春最大の高校スポーツイベントだ。...
全部読む


土俵人生の正念場・稀勢の里、初場所黒星発進(1月14日)
「場所を全うできるのか不安になる」初場所初日を終えた横綱審議委員会・北村委員長の表情は険しかった。異例の“激励”勧告を受け進退がかかる横綱・稀勢の里は小結・御嶽海に完敗。いきなり暗雲漂うスタートとなってしまった。

立合いでやや当たり負けしていたようにも見えたが足は前へ出ており、そのまま押し込んでいけば十分に勝機はあっただろう。だが、稀勢の里は左を差そうと強引に御嶽海の脇をこじ開けようとムキになった。...
全部読む


トップアスリートの祝宴!・ビッグスポーツ賞(1月12日)
毎年恒例のテレビ朝日が主催する「第53回ビッグスポーツ賞表彰式」が11日、都内ホテルで開催された。各種スポーツ表彰のなかでも特に各競技からの表彰者が多いこのアウォード。今年もトップアスリートたちが一堂に会した。

冬季五輪イヤーだった2018年。大賞に当たるビッグスポーツ賞は2年連続でウインタースポーツからの選出となった。冬平昌大会で日本中を感動に包んだオリンピアンが登場すると会場からは大きな拍手が沸き起こった。...
全部読む
【第53回ビッグスポーツ賞】MLBア・リーグ新人王、大谷翔平が受賞! ビッグス(再生)
【第53回ビッグスポーツ賞】平昌五輪日本代表の主将・小平奈緒が受賞!ビッグスポ(再生)
【第53回ビッグスポーツ賞】大谷翔平との初対面も!第100回全国高等学校野球選(再生)
【第53回ビッグスポーツ賞】競泳・池江璃花子、空手・喜友名諒、宮原美穂が受賞!(再生)


「全てやり尽くした」レスリング・吉田沙保里(1月11日)
五輪3連覇と世界選手権16連覇。史上最強のレスリング女王・吉田沙保里の現役引退記者会見はTV各局で生放送され、大きな注目を集めた。会見場には事前に100社を超えるメディアから200人を超える申し込みがあったという。レスリング界にとどまらず、バラエティなどへの出演も多く人気の高い彼女の国民的な注目の高さをうかがわせた。

約40分にわたり心境を語ったなかで繰り返されたのは、“やり切った”という言葉。...
全部読む
レスリング・吉田沙保里選手 引退会見ノーカット6(19/01/10)(再生)


過去の記事
1 ... 11 12 13 . 20 30 40 . 217

「スポーツの神様」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.