テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【スポーツの神様】

MLBでマイルストーン・大谷翔平と田中将大(7月16日)
ともに後半戦がスタートしたNPBとMLB。メジャーでは2人の日本人選手が節目の通算記録に到達した。まず1人目はエンゼルスの大谷翔平だ。花巻東の先輩・菊池雄星との2度目の対戦となった15日のマリナーズ戦。前回対決では特大アーチも含め、大谷に軍配が上がったが、今回は2打席で1四球無安打。その後大谷は菊池が降板したあと満塁の場面で犠牲フライを放ち、これが記念すべきMLB通算100打点目となった。日本人選手としては11人目。...
全部読む
Urshela Tanaka lead Yankees to a 4-2 w(再生)


ウィンブルドンJr.で望月慎太郎が日本人初優勝!(7月15日)
5時間にもおよぶ激闘となった全英テニス男子シングルス決勝戦は世界ランク1位のジョコビッチがフェデラーを倒し、2年連続5回目の優勝を果たした。同じ日、18歳以下が出場するジュニアの部を日本人選手が初めて制覇したというビッグニュースが飛び込んできた。川崎生まれの16歳、望月慎太郎である。

「嬉しい気持ちでいっぱいです(望月)」優勝インタビューもまだどこかぎこちない初々しさ。望月は全国小学生大会でベスト4となり頭角を現した。...
全部読む

Match Point: Shintaro Mochizuki vs Carl(再生)
Shintaro Mochizuki Winner s Press Confe(再生)


激闘から一夜明け…村田諒太と拳四朗が会見(7月14日)
「気持ちの面でもプロキャリアの中で一番良い試合だったかなと思った」WBA・世界ミドル級王者に返り咲いた村田諒太が会見を行った。リング上でのインタビューと同じ表現で村田は試合を振り返った。

ベルトを奪われた相手から2ラウンド2分34秒でTKO勝利。激しい打ち合いを制し、村田は最高の結果を出した。再び動き始めたビクトリーロードの次なる目標が気になるが、「個人のことはあまり言いたくない。先のことを言うのはやめておく」と明言を避ける。...
全部読む
「プロキャリアで一番良い試合」 村田諒太選手 激戦一夜明け(再生)


“BIG4”夢の競演・豪華対決に大きな声援(7月12日)
12日からの「NPBマイナビオールスターゲーム2019」開幕より一足早く、若き次世代のヒーロー候補たちによる球宴が杜の都で繰り広げられた。

仙台市の楽天生命パーク宮城で行われた「フレッシュオールスターゲーム2019」。注目は昨年ドラフトで大きな注目を集めた高校“BIG4”(吉田輝星・小園海斗・根尾昴・藤原恭大)の揃い踏みだ。全イースタンの先発マウンドを務めたのはファイターズの吉田輝星。吉田は既に6月12日広島戦に一軍初先発を果たし、史上19人目となる高卒新人の初登板・初勝利を達成している。...
全部読む


田中将大、MLB球宴で日本人初の勝利投手に(7月11日)
また一つ日本人メジャーリーガーの歴史に新たな勲章が加わった。第90回MLBオールスターゲーム(プログレッシブ・フィールド)はアメリカン・リーグが4-3でナショナルリーグに勝利。2回にア・リーグ2番手で登板した田中将大が勝利投手となった。これは日本人選手初めての快挙である。

「余韻に浸る時間は無かったので、あっという間に終わったなという感じ(田中)」前半戦だけで12勝を挙げた2014年のルーキーイヤーにも選出されていたが、この時は右肘の故障のため出場を辞退。...
全部読む


過去の記事
1 2 3 ... 10 20 30 ... 239

「スポーツの神様」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.