テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【スポーツの神様】

錦織圭、20代ラストイヤー・約3年ぶりの戴冠(1月7日)
「ようやく優勝できてとても嬉しいです。チームの皆ありがとう」久々にエア・ケイの笑顔がコートに弾ける。テニス世界ランク9位の錦織圭が約3年ぶりとなるツアー優勝を果たした。

2019年シーズン最初の大会となるATP250ブリスベン国際男子シングルス。錦織はここまで1セットも落とさずストレート勝ちで決勝に駒を進めてきた。準決勝後のインタビューでは「きょうは完璧なプレーができたと思う」と好調さをアピールしていたが、決勝の相手はロシアのダニル・メドベージェフ。...
全部読む


ジャンプ界のニューヒーロー・小林陵侑(22)(1月6日)
日本ジャンプ界の歴史に新たな1ページが刻まれた。オーストリア・インスブルックで開催されたノルディックスキーW杯男子個人第10戦。今シーズン小林陵侑が267・0点で優勝し、日本男子初のW杯4連勝を達成。これで小林は今季通算7勝目となり、1シーズンでの日本人男子歴代最多だった葛西紀明の6勝を超え、20年ぶりに記録を塗り替えた。

この日の1本目はヒルサイズを越える136.5m、2本目も130m越えの圧勝に小林は「2本ともビッグジャンプだったので楽しかった」と満面の笑顔だ。...
全部読む


マリナーズへ入団・夢の舞台で輝け、菊池雄星(1月5日)
「I feel chemistry between us.(ケミストリーを感じました」マリナーズを選んだ理由をそう語った菊池雄星。日本時間の4日に行われたメジャーリーグ・シアトルマリナーズへの入団会見。ほとんど英語で交わされた記者との質疑応答を見て、菊池の英語力の高さに驚いた人も多かったのではないだろうか。

2017年は最多勝と防御率の二冠。昨シーズンもライオンズのエースとして14勝をあげ3年連続の二桁勝利でチームV奪還の原動力となった。...
全部読む


激走!箱根駅伝・ドラマチックな展開の陰で…(1月4日)
すっかり日本の正月の風物詩となった箱根駅伝中継。30%近い高視聴率をマークするお化け番組だが、今年のレース展開も波乱あり劇的な逆転劇ありと目が離せない展開となった。

最大の注目は5連覇に挑む王者・青山学院。昭和48年の日本体育大以来およそ半世紀ぶりの偉業達成に期待がかかったが、往路ではまさかの6位。往路は昨年に続き東洋大学が制覇した。

しかし、続く往路で主役に躍り出たのは出場46回を誇る古豪・東海大学だった。...
全部読む


「いだてん」足跡たどる 博物館と生家記念館オープン…熊本・和水


年末ボクシング決戦②・井岡4階級制覇ならず(1月2日)
続く大晦日には場所を中国・マカオに移し再びトリプル世界戦が繰り広げられた。元ミニマム級世界王者の京口紘人は階級を一つ上げWBAライトフライ級に出場。昨年5月に同王座7度防衛の田口良一を破った新王者・ヘッキー・ブドラーに挑んだ。試合は中盤から京口がボディーを攻めたて、10R終了時にはブドラーが戦意喪失。デビューから12戦無敗で2階級制覇を達成した。前日5度目の防衛を果たしたWBC王者・拳四朗との統一戦も噂される京口。...
全部読む


過去の記事
1 ... 2 3 4 . 10 20 30 . 207

「スポーツの神様」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.