テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【スポーツの神様】

柔道の父の教え・ニッポン柔道の復権をかけて(7月30日)
リオデジャネイロ五輪・パラリンピックに臨む柔道男女代表の壮行式が27日、講道館で行われた(五輪とパラ合同での壮行式は初)。ロンドン五輪で歴史的な大惨敗を喫した日本柔道。金メダルを獲得したのは女子の57キロ級・松本薫と、パラリンピックでの100キロ超級・正木健人の2名のみ。男子は史上初の金メダル0に終わった。男子代表の井上康生監督は挨拶で「全日本の自覚・誇りを胸に、全身全霊をかけて戦っていきたい」と強い決意を述べた。...
全部読む
松本が力強く2連覇誓う 全柔連がリオ合同壮行式(再生)

舞い踊れ5人の妖精たち・フェアリージャパン(7月29日)
「メンバーに選ばれなかった選手の気持ちを忘れず、オリンピックの舞台で最後まで笑顔で踊りたい(杉本早裕吏)」。26日、記者会見を行った新体操日本代表“フェアリージャパン”。中でも注目は団体総合の代表メンバー、杉本早裕吏(さゆり)、横田葵子(きこ)、松原梨恵、畠山愛理、熨斗谷(のしたに)さくらの5名だ。
新体操の日本代表はシドニー五輪では団体総合で5位入賞を果たしたが、続くアテネ五輪は出場を逃した。...
全部読む
杉本主将「笑顔で踊りきりたい」 新体操団体代表が抱負(再生)

ロシアドーピング問題の余波・日本勢の決意は(7月28日)
国際オリンピック委員会・IOCは24日、リオデジャネイロ五輪のロシア選手団出場問題について、条件付きでの参加を認めることを決定した。「過去にドーピング違反による処分がなく、それぞれの国際競技団体の条件を満たした選手」というのが出場条件の骨子だ。ロシアが国家主導で組織的なドーピングを行っていたとする世界アンチドーピング機関・WADAの報告を受け、重大な決断を迫られていたIOCだが、各競技の国際機関に判断を預けた格好になった。...
全部読む
「アスリートの権利尊重」鈴木長官、IOC決定を評価(16/07/25)(再生)

リオで快挙に挑む日本スプリント最強メンバー(7月27日)
山梨県富士吉田市で25日、リオ出発前最後の国内合宿を行った陸上男子短距離の日本代表。100メートル走で代表の座を争った山縣亮太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥の3人が約1か月ぶりに顔をそろえて公開練習を行った。
山縣亮太は23日に実業団・学生対抗競技大会に出場。追い風参考記録ながら10秒09の好タイムをたたき出した。夢の9秒台について「一試合一試合課題を見つけていけば出るんじゃないかと思っている」と自信を覗かせる。...
全部読む
桐生「しっかり勝負」 陸上五輪代表が記者会見(再生)

小さな大横綱・日馬富士、傷だらけの綱の意地(7月26日)
稀勢の里の綱取りと白鵬の通算1000勝に大きな期待がかかった名古屋場所。しかし、終わってみれば、この場所の主役はもう一人の横綱・日馬富士だった。十二日目に白鵬がよもやの3敗目を喫し、名古屋での1000勝到達が消滅。翌十三日目、日馬富士は2敗で並んだ稀勢の里戦で、綱取りにもう一敗もできない相手をスピードで翻弄し、何もさせずに寄り倒す。単独トップに立つと、そのまま千秋楽結びの一番でも白鵬に完勝して、8度目の優勝を決めた。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
5152 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 69 70
71 72 73 74 75 76 77 78 79 80
81 82 83 84 85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.