テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【スポーツの神様】

走った距離は裏切らない・完全燃焼の競技人生(4月16日)
マラソン界の一時代を築いた女王が競技生活に別れを告げた。現役引退を表明した女子マラソンのアテネ五輪金メダリストで、日本記録保持者の野口みずき(37)が会見を行った。
引退理由について「トップレベルの走りができなくなってしまったこと」を挙げた野口。3月に行われたリオ五輪最終選考レースの名古屋ウィメンズマラソン。野口は23位でのフィニッシュとなったが、ゴールした彼女の顔は晴れやかで笑顔に包まれていた。...
全部読む
「幸せな陸上人生」 マラソン野口選手が引退(再生)

笑顔と涙の別れ「卓球が全てを教えてくれた」(4月15日)
「毎日、昨日の自分を超えるという気持ちでやってきた自分に対しては、良く頑張ったと思っています」ロンドン五輪卓球女子の平野早矢香(31)が引退会見を行い、26年間の競技生活に幕を下した。
平野は全日本選手権女子シングルスで3連覇を果たすなど、シングルス・ダブルス合計8度の日本一に輝いた。世界選手権では31年ぶりの団体銀メダルを含む5個のメダルを獲得。そして、2012年、ロンドン五輪では日本初の団体銀メダルに輝いた。...
全部読む
「五輪に代わる大会ない」 卓球 平野選手が引退記者会見(再生)

日本女子フィギュア初・3度目の五輪への挑戦(4月14日)
「強い覚悟で選手生活に戻ってきたので、今は何があっても最後までやりきるという気持ちが強いです」フィギュアスケート・浅田真央が2年後のピョンチャン五輪を目指す考えを示した。今月の世界選手権後も、現役続行を口にしていたが、公の場所で次の五輪を目標にすると明言したのはこれが初めてだ。
金メダルを期待された2014年のソチ五輪。自身の集大成と位置づけ、引退も表明していたが、結果はまさかの6位。帰国後、現役続行について「今はハーフ・ハーフ(五分五分)」と揺れる思いを口にした。...
全部読む

愛する人に届け!熱きハートからのメッセージ(4月13日)
10日行われたサッカーJ1・1stステージ第6節。川崎フロンターレはサガン鳥栖と対戦。0-0のまま迎えた後半アディショナルタイム、フロンターレ小林悠からのクロスに、大久保嘉人が頭で合わせ決勝ゴール。リーグ戦で未だ無敗のフロンターレが単独首位に立った。
大久保はこれがJ1通算159得点目。自身が持つ歴代最多得点記録をさらに更新し、同数で並んでいたサンフレッチェの佐藤寿人を抜いて、こちらも単独1位となった。...
全部読む

「ルーキーの躍動」と「ベテランの意地」(4月12日)
プロ野球は開幕から3週間を経過し、各球団の対戦が一巡し終えた。スタートダッシュで明暗が分かれ、昨年のリーグ王者・ホークスとスワローズ共にBクラスという予想外の展開だ。
セ・リーグで飛び出したのは、このオフに激震に揺れたジャイアンツ。オープン戦での打撃不振や、内海の先発ローテーション脱落などの不安要素があったなか、ここまで首位を快走。その後をタイガースとカープが猛追する。パ・リーグは名将・梨田新監督率いるイーグルスと、先季CSでホークスの前に涙をのんだマリーンズがまず抜け出した。...
全部読む
今季8勝目! WeAre にカメラが接近。絶好調男・細谷の舞にも注目!!【広(再生)

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 6970
71 72 73 74 75 76 77 78 79 80
81 82 83 84 85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.