テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【スポーツの神様】

“闘将”中田久美監督・五輪への願いを込めて(3月13日)
東京体育館で12日に優勝決定戦が行われたバレーボール女子のVリーグ1部プレミアリーグ。久光製薬スプリングスが日立リヴァーレを3―1で破り2季ぶりの優勝を決め、皇后杯に続く二冠を達成した。多くの全日本選手を擁する最強軍団を率いるのは“闘将”中田久美監督だ。
優勝インタビューでは「本当に勝つことは大変ですけども、こういう瞬間があるからやれるんだと思う」と頬を緩ませた中田監督。現役時代は全日本の正セッターとして活躍。...
全部読む
日立、悲願の初優勝ならず バレープレミアリーグ女子(再生)

あの日から5年…「がんばろう!日本」の誓い(3月12日)
選抜高校野球(20日開幕)の組み合わせ抽選会が毎日新聞大阪本社で行われた。東日本大震災から5年目のこの日。選手らは抽選の前に1分間の黙祷を行い犠牲者を悼んだ。
震災直後の2011年3月23日、「がんばろう!日本」をスローガンに掲げて開幕した第83回選抜高等学校野球大会。当時は震災の自粛ムードに加え、福島第一原発事故への対応が予断を許さなかった時期。東日本では連日余震が続き、節電が叫ばれていた。一方、プロ野球では選手会が立ち上がり、セ・パともに開幕日の延長を決定。...
全部読む
注目ニュース90秒 選抜組み合わせ決まる 注目カードは?(再生)

さらば名将ノリさん!女子サッカー新たな船出(3月11日)
サッカー女子・アジア最終予選第5戦。日本は北朝鮮に1-0で勝利し、6か国中3位で全日程を終えた。上位2か国のリオデジャネイロ五輪出場権を逃したなでしこジャパン。試合後、佐々木則夫監督は「責任を取らなければならないという思いはある」と退任の意向を表明した。
2007年12月の就任以降、佐々木監督は日本女子サッカーを世界の檜舞台へと押し上げた。2011年ドイツW杯で初優勝。翌年にはアジア人初のFIFA女子年間最優秀監督賞の受賞を果たしている。...
全部読む
【Insideなでしこ】 3/9 勝利で大会を終え新たなスタートへ(再生)

若手選手に送りたい・あるオーナーからの金言(3月10日)
「多くの方を裏切ってしまい、本当に申し訳ありませんでした」9日、野球賭博問題で新たに賭博に関った疑いが明らかになったプロ野球・ジャイアンツの高木京介投手が会見を行い謝罪した。昨年10月の3選手に続き、再び野球賭博への関与者が出たことで、ジャイアンツは渡辺恒雄最高顧問、白石興二郎オーナー、桃井恒和球団会長が辞任の意向を発表。NPB・熊崎勝彦コミッショナーは「返す返すも残念であり、痛恨の極みです」と記者団の前で頭を下げた。...
全部読む

前を向け!“なでしこ“・次世代への希望を(3月9日)
「非常に残念な結果となりましたね」ゲスト解説の澤穂希の顔は険しかった。サッカー女子日本代表・なでしこジャパンがリオデジャネイロ五輪出場を逃した。7日に行われたアジア最終予選第4戦で、中国が韓国に勝利し2位以上を確定。なでしこは同日夜のベトナム戦を前に僅かに残されていた可能性が消滅してしまった。
6日のNHK「サンデースポーツ」で澤穂希はなでしこの戦いぶりについて「どこか他人任せ、人任せなところが目立つ」と分析。...
全部読む
【Insideなでしこ】 3/7 ベトナムから6ゴールを奪い初勝利(再生)

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 69 70
71 72 73 74 75 76 77 78 79 80
81 82 83 84 8586 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110
111 112 113 114

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.