テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【スポーツの神様】

卓球界のヒロイン・石川佳純のきらめき(1月19日)
東京体育館で行われた卓球の全日本選手権最終日。男子シングルスは水谷隼が三連覇、大会最多タイに並ぶ8回目の優勝。女子シングルスでも石川佳純が平野早矢香以来の三連覇を達成した。決勝の相手は史上初、中学生での優勝を目指す平野美宇。平野は準決勝で、ダブルスでペアを組んできた伊藤美誠との15歳対決を制し勝ち上がってきた。女子の4強に残ったのは、22歳の石川が最年長。残りの3人は10代という若さだったが、石川は「自分の力を出せば大丈夫と信じていた」と貫録を示し完勝。...
全部読む
松岡修造、錦織圭&石川佳純の2ショットに興奮。取材陣に「なんでもっと質問しない(再生)

1994年生まれの“ゴールデン・エイジ“(1月18日)
15日、記念すべき50回目の「ビッグスポーツ賞」の表彰式が行われ、各界を代表するアスリートたちが一堂に会した。この賞ではその年に活躍した選手や団体を、テレビ朝日と日本オリンピック委員会が表彰している。昨年11月に各賞が発表され、「ビッグスポーツ賞」には世界体操選手権で37年ぶりの団体金メダル、個人総合6連覇を成し遂げた内村航平。世界水泳で日本人初大会連覇の瀬戸大也。陸上男子20km競歩で世界新記録樹立の鈴木雄介が選ばれていた。...
全部読む
フィギュア・羽生、競泳・瀬戸らが受賞! 【ビッグスポーツ賞】ビッグスポーツ賞(再生)

ルーキーへの厳しい洗礼とファンへの対応(1月17日)
「プロ野球新人選手研修会」が東京都内で行われた。12球団116人の新人選手や審判員らが参加した今年の研修会。去年3選手が無期の失格処分となった野球賭博問題を受け、野球賭博や八百長に関する講義が初めて組まれた。熊崎コミッショナーは「居眠りなど私は許しません」と一喝。昨年引退した元ドラゴンズの山本昌の講演では「6年後にはここにいる3分の1はいないでしょう」と例年以上にプロの厳しさを自覚させる緊張感のある研修会となった。...
全部読む

“ロード・トゥ・リオ”歓喜の瞬間へ向けて(1月15日)
13日、ドーハで行われたリオデジャネイロ五輪出場権をかけたサッカー男子のアジア最終予選。23歳以下の日本代表(U-23)は、初戦の相手・北朝鮮を1-0で破り、白星発進となった。日本のグループBは北朝鮮、サウジアラビア、タイの合計4チーム。上位2か国が、ノックアウトステージに進出し、日本はそこで3位以内に入れば6大会連続の五輪出場が決まる。このU-23北朝鮮代表は過去最強とも言われ、日本の同世代はこれまで0勝2敗と、一度も勝つことができなかった相手だった。...
全部読む
U-23日本代表 遠藤航よりファン・サポーターの皆様へ(再生)

期待の新星・遠藤聖大に求められる素養とは(1月14日)
角界のホープがいま苦しんでいる。大相撲初場所で東前頭11枚目の遠藤は初日から3連敗。4日目は土俵際に押し込まれながらの突き落としで、何とか初白星を手にした。先場所4勝11敗と大きく負け越し、番付を幕尻に迫る位置まで下げており、今場所の成績如何では十両陥落もありうる。この三日間は力なく敗れる相撲が目立ち、やや手厳しい意見も聞かれるようになってきた。やはり不調の原因は膝のけがの後遺症だろう。昨年春場所での取組で、左膝前十字靱帯を完全断裂。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 69 70
71 72 73 74 75 76 77 78 79 80
81 82 83 84 85 86 87 88 89 90
91 92 93 9495 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110
111 112 113 114

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.