テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【風の流れ】

ノーベル化学賞受賞・野依良治・大学の徒弟制度が問題(12月14日)
日本の科学が危機?!研究留学が激減

2年前に留学した男性は名古屋大学で助教として働いていた。
男性はノーベル賞受賞者に大隅良典に相談、背中を押され、留学を決断した。

男性は「応用したことを自分の中で身につけたい、研究していきたいという思いがあった」と語る。
日本から米国に留学する研究留学者数が3分の1まで激減している。

中国から米国に留学する研究留学者数は、2016年に日本の40倍の12万人余りが留学している。...
全部読む

トランプ米大統領、政府機関でのロシア・カスペルスキー社製品使用を禁じる法案に署名(12月13日)
トランプ米大統領は12日、連邦の政府機関に対し、ロシアの情報セキュリティ会社、カスペルスキー研究所の製品の使用を禁止する法案に署名した。

同禁止法案は、トランプ大統領が署名した2018年度の包括的な国防予算法案の一部である。

トランプ政権は9月、カスペルスキー研究所とロシア政府との関係が、米国の安全保障に対する脅威となり得るとして、国防以外の部門の政府機関に対し、30日以内に同社のソフトウェアを特定し、90日以内にシステムから削除する等、使用中止に着手することを命じる大統領令を発出していた。

Globali:トランプ米大統領、政府機関でのロシア・カスペルスキー社製品使用を禁じる法案に署名より

“北朝鮮問題に広がり”自民党・対策検討で作業チーム(12月13日)
自民党は、昨日開かれた北朝鮮問題対策本部の会合で、総合的に対策を検討するため、岸田政調会長をトップとする作業チームを発足させた。

自民党・二階幹事長「総合的な対策を講じる必要が生じてきている」、自民党・岸田政調会長「今後の活動について考えていきたい」と述べた。

トランプ大統領・月と火星の有人探査計画に署名(12月12日)
1969年7月8日、アームストロング船長は月面を踏んだ初めての人類として歴史にその名を刻んだ。

米国のトランプ大統領は月と火星の有人探査計画をNASAに命じる指令に署名した。

トランプ大統領は選挙キャンペーン中からNASAの予算削減を見直し宇宙探査の強化を約束していた。
ホワイトハウスによればこの指令は国会宇宙審議会の要請によるもの。NASAと欧州宇宙機関は共同で有人のオリオンを打ち上げる予定である。

民間のシンクタンクなど予測“日銀短観・5期連続で改善か”(12月11日)
今月15日に発表される日銀の企業短期経済観測調査について、民間のシンクタンクなど15社の予測がまとまった。

ほとんどの社が大企業の製造業の景気判断は10年ぶりの高い水準となった前回を上回り、小幅ながらも5期連続で改善すると予測。各社は理由として、世界経済の回復が続くなか円安ドル高が進み、自動車やスマートフォン向け部品の輸出が拡大していることなどを挙げている。

大企業の非製造業については、横ばいか小幅な改善と予測。...
全部読む


過去の記事
1 ... 16 17 18 ... 30 ... 141

「風の流れ」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.