テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【風の流れ】

北朝鮮めぐり米国・トランプ大統領・ロシアの協力求める(12月16日)
15日、北朝鮮問題で、米国・トランプ大統領がロシア・プーチン大統領と電話会談を行った。
その中で、トランプ大統領は「中国は協力しているがロシアは協力していない。ロシアの協力が必要で、これはとても重要」と発言した。

ロシア大統領府・ペスコフ報道官は「北朝鮮側との接触を進め、米国と情報をやり取りすることで同意した」と発言した。

プーチン大統領は北朝鮮問題でトランプ大統領と対話を重ね、対話による解決へ働きかけを強めたい考えを述べた。

平昌五輪ロシア個人参加へ・ドーピング問題・IOCの処分受け入れ(12月15日)
IOCはアンチドーピングの断固たる決意を見せたとしているが、ロシアが処分を受け入れやすい配慮もしていた。

ロシアのボイコットを避けたい気持ちと、ロシアドーピング問題を平昌で幕引きしたい思惑が感じられる。
ロシアの処分受け入れで、平昌五輪閉会式での処分解除の可能性も出てきた。

WADAがロシアアンチドーピング機構の資格停止処分をいつ解除するかが今後の焦点となる。
ロシアが組織ぐるみを否定し続ける限り、解除は長引きそうだ。...
全部読む

ノーベル化学賞受賞・野依良治・大学の徒弟制度が問題(12月14日)
日本の科学が危機?!研究留学が激減

2年前に留学した男性は名古屋大学で助教として働いていた。
男性はノーベル賞受賞者に大隅良典に相談、背中を押され、留学を決断した。

男性は「応用したことを自分の中で身につけたい、研究していきたいという思いがあった」と語る。
日本から米国に留学する研究留学者数が3分の1まで激減している。

中国から米国に留学する研究留学者数は、2016年に日本の40倍の12万人余りが留学している。...
全部読む

トランプ米大統領、政府機関でのロシア・カスペルスキー社製品使用を禁じる法案に署名(12月13日)
トランプ米大統領は12日、連邦の政府機関に対し、ロシアの情報セキュリティ会社、カスペルスキー研究所の製品の使用を禁止する法案に署名した。

同禁止法案は、トランプ大統領が署名した2018年度の包括的な国防予算法案の一部である。

トランプ政権は9月、カスペルスキー研究所とロシア政府との関係が、米国の安全保障に対する脅威となり得るとして、国防以外の部門の政府機関に対し、30日以内に同社のソフトウェアを特定し、90日以内にシステムから削除する等、使用中止に着手することを命じる大統領令を発出していた。

Globali:トランプ米大統領、政府機関でのロシア・カスペルスキー社製品使用を禁じる法案に署名より

“北朝鮮問題に広がり”自民党・対策検討で作業チーム(12月13日)
自民党は、昨日開かれた北朝鮮問題対策本部の会合で、総合的に対策を検討するため、岸田政調会長をトップとする作業チームを発足させた。

自民党・二階幹事長「総合的な対策を講じる必要が生じてきている」、自民党・岸田政調会長「今後の活動について考えていきたい」と述べた。

過去の記事
1 ... 38 39 40 . 50 60 70 . 165

「風の流れ」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.