テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【風の流れ】

ロシアは「北方領土」をどう考えているのか(11月25日)
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が、TV番組の地理学協会による表彰式で、少年に「ロシアの国境はどこですか?」と質問し、アメリカ領アラスカ半島と東シベリアが接する「ベーリング海峡です」と正答すると「ロシアに国境はない」と発言し後に冗談だといい、聴衆からは拍手や笑いが起きたという。

なるほど、プーチン氏の本音が見えた気がする。ひょっとしたらロシアは未だに領土拡張主義の側面を残しているのではないかと疑ってしまうような冗談だ。...
全部読む

底力をつける中国・特許出願でも1位(11月24日)
国連の世界知的所有権機関(WIPO)の発表によると、2015年の国際特許出願件数で中国が100万件超で1位となった。首位の中国に次いで2位が米国で52万件、3位が日本で45万件、次に韓国と続く。中国の出願件数のほとんどが電気通信を含む電子工学分野で、次にコンピューター技術、半導体、医療分野等の分野だという。

中国の躍進は、特許だけではない。宇宙開発でも「有人宇宙衛星」を打ち上げ、無事地球に帰還させている。...
全部読む

トランプ氏「改めてTPP離脱予告」(11月22日)
米国のトランプ次期大統領はTPP協定について「就任初日にTPPを離脱を表明する」と述べ、選挙戦で訴えたTPP協定からの離脱の方針を直ちに実行に移す考えを改めて示した。
また、トランプ氏は、米国に大きな災難となる恐れがあるTPP協定からの離脱を表明し、代わりに米国に雇用を取り戻し、産業を復活させる公平な2国間協定の交渉を進めると述べた。

トランプ次期大統領は、就任から100日以内に取り組む政策課題について動画でメッセージを、自らの政権移行チームのサイトに掲載した。...
全部読む

トランプ人事から見る政権の方向性(11月21日)
トランプ氏が次期大統領に選出された理由について、様々な分析がされている。
そこで8年前に「オバマ大統領誕生」の瞬間を思い出してみよう。
誰もが、米国の理想主義を信じたであろう。次の大統領には「女性もあり得る」と考えた人も多いのではないか。

法の下に多様性を追求する米国の民主主義に、そしてオバマ氏が大統領になってからの「核の廃絶」「広島でのスピーチ」等、世界の人々は、理想主義によって世界は覆われると考えたのではないか。...
全部読む

パリ協定達成には8200兆円の巨費がかかる(11月18日)
IEA(国際エネルギー機関)は、2040年までに「パリ協定の目的達成」の為には、技術開発などの投資に8200兆円(75兆ドル)必要だと発表した。日本の年間GDPが約500兆円なので、その16.4倍という巨額なものになる。

「地球の温度上昇産業革命前から2度上昇で抑制するという条件を達成する」とすると、エネルギー投資は40兆ドルになり、エネルギー効率には35兆ドルが必要になると予測した。

なんという膨大な金額の投資になるのだろうと、息を飲んでしまった。...
全部読む
World Energy Outlook 2016: a forward lo(再生)

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 4849 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 69 70
71 72 73 74 75 76 77 78 79 80
81 82 83 84 85 86 87 88 89 90
91 92 93 94

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.