テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【風の流れ】

人民元・国際通貨入りの現実(10月5日)
今月1日より人民元は国際通貨の一種「特別引き出し権(SDR)」の構成通貨に加えられた。
SDRの構成割合は、米ドル(41.73%)、ユーロ(30.93%)、人民元(10.92%)、日本円(8.33%)、英ポンド(8.09%)となり、人民元は一気に第三位に躍り出た。
国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、「中国と国際通貨制度にとって歴史的な転換点になる。中国経済が世界の金融システムに融合する上で大事な1歩だ」と語った。...
全部読む
Otaviano Canuto talks about RMB joining(再生)

豊洲市場問題に見る税金の使い方(9月30日)
この間の「豊洲移転問題」や「オリンピック予算の杜撰さ」から見る税金の使い方に問題を感じる。

豊洲問題では、歴代の都中央卸市場長や担当者のヒヤリングなどで、10年11月から13年2月までの間に、地下空間案が決定したと判断したようだ。
驚くことに誰が意思決定したか、特定出来なかったという。
しかも都は、実態と異なっているとの認識がないまま、都議会で「全体的に盛土をした」と都議会などで虚偽の説明をしていたと認めた。...
全部読む

日本の国際競争力8位という(9月28日)
ダボス会議を主催するスイスの「世界経済フォーラム(WEF)」は28日、2016年版国際競争力ランキングを発表した。

スイスが今回も首位となり、続いて2位シンガポール、3位米国で、日本は昨年の6位から8位に順位を下げたが、欧州連合(EU)離脱を決めた英国は、10位から7位に順位を上げている。ドイツは5位、韓国は26位で、中国は28位と昨年と変わらず。

WEFのランキングは、社会制度、インフラ、保健と教育、市場規模、マクロ経済環境などの評価とともに、政府の効率性や透明性についての経営者の調査結果を指数化し、算定しているという。...
全部読む
The Global Competitiveness Report 2016-(再生)

IoT国際規格・日本の戦略(9月27日)
IoT革命は、目の前に迫っている。
この技術革命に際して、国際標準規格が今後重要な局面になってくる。

在庫の自動把握にしろ、荷物の現在通過位置にしろ、会社グループや国を超える情報把握には、当然国際標準規格が必須となる。
その国際規格を策定し、標準化されてゆく過程では、国家間の厳しい戦いがある。
日本には、その戦いに負け続けてきた過去の苦い経験が重く圧し掛かる。

今回のIoTの国際標準化では、日本は米国と組むことにしたようだ。...
全部読む
GE Digital Day 2016 - パネルディスカッション「日本発Io(再生)

G7・自動運転に国際基準へ指針(9月26日)
G7の交通相会合が24日、軽井沢で開催され、自動運転技術の早期実用化に向けた共同宣言を採択した。
宣言には、「相互に協力し、リーダーシップを発揮し、国際的な調和に向けた努力を強化する」と明記された。

自動運転システムは、これから主力となる新技術であり、国際的には統一された安全基準等がまだできていない。
G7が共同で主導することで、自動運転の開発や普及に向けた取り組みが加速する。

共同宣言では、自動運転の普及について、交通事故や交通渋滞の減少、物流の効率性の向上、運転者の負担軽減に役に立つとその意義を強調し、技術革新の為の規制を取り除くことに努力するとし、技術開発を後押しする姿勢を示した。...
全部読む
「完全自動運転」2021年までに供給目指す フォード(16/08/18)(再生)

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 5455 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 69 70
71 72 73 74 75 76 77 78 79 80
81 82 83 84 85 86 87 88 89 90
91 92 93 94

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.