テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【風の流れ】

中国国産空母進水の衝撃(4月28日)
国防省が21日記者会見を開き、中国の2隻目の国産空母が進水したことについて、多くの質問があった。
この空母は中国が独自に設計したもので、空母の主な陸上支援施設は停泊地や訓練施設などだが、空母そのものが日常で活動する基盤となる。

中国の関連部門が様々な要因を総合的に考慮して、空母の発展に関する計画を統一的に策定した。
空母の名前に関しては、海軍艦艇の命名に関しては規定があり、実際に配備される時に公表するという。...
全部読む

米国の北朝鮮に対する動きが活発になってきた(4月27日)
トランプ大統領は26日、上院議員100人全員をホワイトハウスに招き、北朝鮮への対応について説明する異例の会合を開いた。
会合は非公開で行われ、ティラーソン国務長官やマティス国防長官などが議員に今後の方針を示した。

米国政府高官によると会合では、北朝鮮の脅威が米国や同盟国の日本、韓国にとって深刻な状況になっているという分析や、トランプ政権が取り得る対応の選択肢について、説明が行われたという。...
全部読む

ピンチが続くトランプ大統領(4月26日)
米国のトランプ大統領はメキシコとの国境沿いに壁を建設するための連邦予算の確保を先送りしても構わないとの考えを示唆した。
大統領は今週末までに議会と連邦予算案で合意しなければ就任100日目に政府機関が一部閉鎖されるリスクがある。

メキシコ経済相は「壁を作るなら米国の主権の範囲内で、メキシコが資金を出すことだけはない」と表明した。
トランプ大統領は少なくとも初めは米国の納税者に頼らなければけない。...
全部読む

G20・無難に終わったが、成果に乏しい会合となった(4月22日)
G20・20の国と地域の財務相中央銀行総裁会議の2日目が始まった。初日の会合では北朝鮮情勢やフランス大統領選など地政学リスクが経済に与える影響についてが議論の中心となった。

現在の会合でも引き続きそうした点が議論されているものとみられる。為替については日本時間の早朝に行われた麻生財務大臣と米国ムニューシン財務長官の会談で話し合われた。
会談では為替問題を首脳レベルではなく、日米の財務相同士で進める方針を改めて確認した。...
全部読む

米国はどこまで「為替」問題を追求するか(4月21日)
G20・20の国と地域の財務相中央銀行総裁会議が間もなく、ワシントンで始まる。参加する各国は今回の会合で米国のムニューシン財務長官から為替に関してどんな発言が出るのか神経を尖らせている。

大統領選以降、円やユーロなど主要通貨に対してドル高が進んでいるが、貿易赤字の縮小を掲げるトランプ政権としてはドル高は逆風とみている。

トランプ大統領自身も「ドルは強くなりすぎている。米国経済に害だ」とドル高をけん制した。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 … 126
「風の流れ」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.