テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【風の流れ】

北朝鮮・局長がロシア再訪問(10月18日)
北朝鮮外務省の米国担当幹部がロシア主催の核兵器の不拡散をテーマにした国際会議に出席するため先月に続いて再びモスクワを訪問し、北朝鮮側としてはロシアのとの接近をはかることで圧力を強める米国のトランプ政権をけん制する狙いがあるものとみられる。

北朝鮮・チェソニ北米局長は先月もモスクワを訪問し朝鮮問題を担当する大使と協議を行ったばかり。


IS標榜の国家・事実上崩壊する(10月18日)
ISが3年前から支配し“首都”と位置づけてきたラッカ。軍事作戦を続けてきたクルド人勢力を主体とする「シリア民主軍」は17日、ISの戦闘員が最後まで抵抗を続けていたラッカ中心部の病院とスタジアムを制圧、ISのテロリストからラッカを完全に解放したと声明を発表した。

ISが標榜してきた“イスラム国家”は事実上崩壊した。

シリア民主軍は地雷除去など終えたうえで記者会見を開いて正式に勝利を宣言することにしている。...
全部読む

「パナマ文書」報道の記者・車爆発で死亡(10月17日)
地中海の島国マルタの地元メディアによると16日マルタ本島北部で「パナマ文書」の報道に加わった地元の女性記者のカルアナガリチアが運転する車が自宅を出発した直後に爆発し死亡した。

車は道路脇にある畑まで吹き飛ばされて大破した。
カルアナガリチアはマルタで政治家の腐敗を厳しく追及する記者として知られていて、世界各国の首脳などによる資産隠しや課税逃れを暴いたパナマ文書の調査報道にも加わり、マルタのムスカット首相の妻がパナマに会社を置いて資産を隠していたとする疑惑を報じていた。...
全部読む

日米経済対話・共同成果文書発表(10月17日)
米国・ホワイトハウスで開かれた日米経済対話は先ほど5時半過ぎに終了し、共同の成果文書を発表した。
この上で、米国が自動車の輸出をしやすくなるよう審査手続きを簡単化する措置を検討することや、インフラ整備や天然ガスなど輸出に向けた協力などを盛り込んだ。

焦点の貿易については、米国が日米2国間の貿易交渉に関心を示している一方、日本はTPP(環太平洋パートナーシップ協定)といった多国間の枠組みを重視し、立場が隔たっているため具体的には言及しない見通し。...
全部読む

米国・FRB議長“緩やかな金利引き上げ・適切”(10月16日)
米国の中央銀行にあたるFRBのイエレン議長は、懸念されている米国・物価の伸びの鈍化は一時的なものであるとして、(金融政策について)経済の拡大を踏まえて今後数年間は緩やかに金利を引き上げていくのが適切であるとの考えを示した。

日銀・黒田総裁は「2%の物価目標の達成はまだ先になる」との認識を示した上で、今の金融緩和を続け早い時期に物価目標達成を目指す考えを改めて示した。

過去の記事
1 ... 61 62 63 . 70 80 90 . 169

「風の流れ」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.