テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【風の流れ】

北京の大気汚染・赤レベル(12月8日)
パリ郊外で、COP21閣僚会議が行われているが、北京の大気汚染が最高度の赤レベルになった。

北京市当局は「今後72時間以上重度の汚染状態が続く可能性が高い」として最も深刻な赤色警報を発令。北京市では、おととし10月から4段階に分けて大気汚染の警報が出されることになっていた。赤色警報が出されるのは今回が初めてで、きのうの北京市内のPM2.5濃度は日本の環境基準の7倍超。北京市当局は、走行する車両数を減らす他、屋外での全工事中止など緊急対策を行う。...
全部読む
北京初「赤色警報」 深刻な大気汚染・・・怒りと諦めも(15/12/08)(再生)

文明とテロの対決(12月7日)
20年前に出版された、米国の政治学者サミュエル・ハンティントンの著作「文明の衝突」を通り越して、世界は「文明とテロ」の対決といった様相を呈している。
先日起こった、米国での事件も「テロ」と認定し、オバマ大統領は米国本土でテロへの警戒を高める必要性強調した。

オバマ大統領はカリフォルニア州で14人が殺害された銃の乱射事件を受けてテレビ演説を行い、米国本土でテロに対する警戒を一段と高める方針を示すとともに過激派組織IS(イスラミックステート)の壊滅を目指す決意を改めて強調した。...
全部読む

シリア人の惨劇(12月4日)
シリアのIS(イスラミック・ステート)に対する攻撃は、苛烈という段階に入った。
パリのテロ事件以後、フランスは空爆を強化した。
ここ3ヶ月ロシアの空爆は激しさを増した。
更に、ここに英国が空爆を開始した。
米国も継続している。

ISは自業自得だとしても、そこにいる市民はどんな環境に置かれているのだろうかと、心配になる。

米国で、最近起こった銃の乱射事件も、テロとの関係を否定できない状態にあるという。...
全部読む

英国、シリアで空爆開始(12月3日)
英国議会下院は、2日シリア国内への空爆を認めた。
それを受けて早速、空爆を開始した。

英国は、イラク戦争で多数の戦死者を出し、それ以来紛争への介入に慎重になっていたが、フランスが同時テロ受け、米仏が英国に要請していた。
英国は、イラク領のIS(イスラミック・ステート)には、現在も空爆を行っているが、シリア領のISにも空爆をするようになる。
パリの同時テロを受けて、米仏英がそろってISへの空爆を本格化した。...
全部読む

COP21にベンチャーの息吹(12月2日)
気候変動枠組み第21回締約国会議(COP21)開会当日、関連会合「ミッション・イノベーション」が開催され、米マイクロソフト共同創業者ビル・ゲイツ氏が出席し、クリーンエネルギー基金を立ち上げた事を発表した。

ハイテク分野のリーダー等が”画期的なエネルギー連合”と名付けた基金でクリーンエネルギー研究等に尽力する機関を支援する予定だ。
主にエネルギー研究で重要な、発電、輸送、産業用途、農業の主要な5分野への投資に注力するとしている。...
全部読む
Bill Gates: Clean energy is the future(再生)

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 69 70
7172 73 74 75 76 77 78 79 80
81 82

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.