テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【風の流れ】

GPIF巨額の損失に思う(12月1日)
GPIF・年金積立金管理運用独立行政法人は7-9月の運用損が約7兆8900億円と過去最大だったと発表。損益率もマイナス5.59%と2008年以降で最悪になった。
菅義偉官房長官は会見で「長期的観点からすれば、年金財政上必要な積立金を下回るリスクは逆に少なくなってきている」と述べた。

GPIFはそもそも長期的な視線に立って運用している。一時的に損失が出たからといって一喜一憂すべきではないとの意見もある。...
全部読む
過去最大8兆円“巨額損失” 年金積立金の運用で(15/11/30)(再生)

トルコの強い願望はEU加盟(11月30日)
これほど「トルコ」がクローズアップされたことは、近年あっただろうか。
ロシア爆撃機の撃墜やシリアとの関係、それにクルド人との軋轢等、毎日のようにトルコに関する話題に事欠かない。

しかも、IS(イスラミック・ステート)の資金の流れや今回の撃墜の原因になったといわれるシリア国境近くのトルクメン人を巡る同胞意識、盲腸のように出っ張った領土から見るシリアとの国境線など、聞くたびに新たなことが分かってくる。...
全部読む

シリコンバレーより友来る(11月27日)
昨日は、米国シリコンバレーのパラアルトから友人の米国人が夫婦でやってきた。
最近の状況を聞くと、かっての広々とした緑に溢れた状況から、今はビルが立ち並ぶ風景に様変わりしているようだ。
もっとも、パラアルトではビルの高さ制限があり、高層ビルは建てられないそうだ。



グーグル、アップルを中心に、更に活性化し、エネルギー満ち溢れる地域になっているようだ。...
全部読む

ロシア爆撃機撃墜の裏側(11月26日)
トルコによるロシア爆撃機撃墜の裏側には、様々な真相が隠されているようだ。
撃墜の原因になった、ロシア爆撃機の領界侵犯についても、トルコ領の盲腸のように出っ張ったところを、僅か数秒侵犯しただけだという。
また、撃墜されたところは、シリア領の様である。

25日のBSフジ「プライムニュース」では、経団連21世紀政策研究所の佐々木良昭氏が出演し、興味深い見方を展開した。
佐々木氏よると、そもそもトルコはIS(イスラミック・ステート)を支援してきたというのだ。...
全部読む

パリで開催されるCOP21(11月25日)
国連の気候変動枠組み第21回締約国会議と長ったらしい名称のCOP21が開催される。
約190カ国・地域が参加する。
フランスは、先日起きた「パリの連続テロ事件」が起きた直後から、この国際会議を予定通り決行することを宣言してきた。

「京都議定書」では、世界を先進国と途上国に分け、先進国だけが削減の義務を負ったが、中国など新興国の台頭で現状に合わなくなってきた。
そもそも、排出量は米国は16%、中国にいたっては26%、EUは28カ国で11%になっている。...
全部読む
温暖化への適応計画案とりまとめ COP21で提示へ(15/10/23)(再生)

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 69 70
71 7273 74 75 76 77 78 79 80
81 82

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.