テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【風の流れ】

G20財務相、中央銀行総裁会議はどこへ行く(2月16日)
毎日大荒れの株価、為替の状態の中、今月26、27日の両日、上海・浦東新区でG20財務相・中央銀行総裁会議が開かれる。
議長国の中国は、新5ヵ年計画をどう各国に説明するのか、注目が集まる。

2008年のリーマン危機以来、中国や新興国は成長センターとして世界の経済を牽引してきた。
その勢いが、今変化し新たな成長への原動力を求めている。

今日明日にかけて、オバマ大統領はASEANの首脳らを米国に招待し、TPPへの参加を促し、ASEANの諸国もTPPへの参加に意欲を見せている。...
全部読む
「G20」で議論見通しへ 市場混乱の沈静化に向け(16/02/14)(再生)

日本のかたち(2月15日)
13日14日「司馬遼太郎が描く日本のかたち」を視聴した。
死後20年を経て、司馬が描く世界が、より明確になった気がした。

司馬は、「明治維新で成し遂げた近代化」「焼け野原からの脅威の復興」この成功の秘密と、我々日本人の歴史が積み上げてきた特長について「日本のかたち」というテーマで分析してきた。

NHKが制作したこの番組では、司馬は「島国・日本の外国への好奇心」「八百万の神に代表される無思想という思想」「人はどう行動すれば美しいか、公益のためになるか。...
全部読む

我々はどんな空間に生きているのだろうか(2月12日)
カルフォルニア工科大学とマサチューセッツ工科大学などの研究チームは、11日アインシュタインが100年前に存在を予言した「重力波」について初めて観測に成功したと発表した。
世紀の大発見である。

重力波は、物体の重さが時間と空間にゆがみを作り、物体が運動した時、その歪みがさざなみのように光速で宇宙に伝わる現象で、初期の宇宙の解明に道が出来たという。

ガリレオ・ガリレイが400年前、自作の望遠鏡で宇宙を観測し、その後人類は目に見えない電磁波やX線、電波で観測する望遠鏡を開発し、宇宙を把握してきた。...
全部読む

変調きたす株価、金融市場(2月10日)
下げ止まらない日本の株価。今日の東京株式市場は世界経済の先行きへの懸念等からほぼ全面安の展開。
日経平均株価は2014年10月31日以来、およそ1年3ヶ月ぶりに1万6000円を割り込んだ。
株価は一時650円以上値を下げ、1万5713円39銭で今日の取引を終えた。昨年末には1万9000円を超え、今年も上昇が期待されていた平均株価ではあるが、ここにきて変調をきたしている。

原油価格の下落や世界経済の先行き懸念などが重なり全面安の展開。...
全部読む
アベノミクスのシナリオに誤算か 円高が経済直撃(16/02/10)(再生)

さちるスマホ需要(2月9日)
現在電子部品・材料の価格が一段と値下がりしているようだ。
スマホの販売が伸び悩み状態になっているのが原因のようだ。

一方パソコン市場の減退も顕著である。

ここ5年ほどで大きく成長してきたスマホ市場であるが、先進国や新興国の需要が一段落し、新たな市場創造が必要な段階に入ったとも言える。

企業などの基幹システムも、クラウド化の勢いが止まらず、個人のパソコン需要は、スマホに取って代わられている。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 … 101
「風の流れ」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.