テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【激動を読む】

[最新記事]
米国“北朝鮮をテロ支援国家に再指定” (11月21日)
北東アジア情勢・北朝鮮への制裁は効いているのか?(11月18日)
バノン前大統領首席戦略官が来日(11月18日)
米国大統領・中国特使の北朝鮮派遣に期待(11月17日)

日米韓・日米首脳会談・米国・独自の追加制裁(9月22日)
ニューヨークを訪れている安倍総理大臣は日米韓3か国と日米の首脳会談に臨んだ。
トランプ大統領は「新しい大統領令に署名した。北朝鮮との取引を資金面で支援する個人、企業などを対象にする政府の権限を大幅に拡大する」と述べ、北朝鮮に独自の追加制裁措置を科す意向を示した。

ムン大統領は「日本人が感じた大きな衝撃についてお察しする」、安倍首相は「米国の強力な新制裁措置を歓迎、支持する」と述べた。
会談で日米両首脳は韓国政府が北朝鮮に約9億円相当の人道支援を決定。...
全部読む


(全録)日米両首脳共同記者会見

安倍総理・国連総会で演説・“安保理決議・厳格な履行を”(9月21日)
国連総会の一般討論演説に臨んだ安倍総理は、演説の大半を北朝鮮問題に費やした。安倍総理は北朝鮮の挑発を止められるかどうかは国際社会の連帯にかかっているとして安保理決議の厳格かつ全面的な履行を呼びかけた。

演説冒頭、安倍総理は紹介するテーマは多くあるものの北朝鮮問題一転に集中せざるを得ないとしたうえで北朝鮮が核実験を強行したことなどに触れ、次のように指摘した。「北朝鮮の核兵器は水爆になったか、なろうとしている。...
全部読む


トランプ大統領・国連総会で演説し北朝鮮に強く警告(9月20日)
国連総会で初めて演説した米国・トランプ大統領。核ミサイル開発を加速させる北朝鮮への発言が注目された。

演説では米国と同盟国を守らざるを得ない場合、北朝鮮を完全に壊滅させるしか選択肢はなくなると述べ、核開発を辞めるよう強く求めた。国連総会の演説で真っ先に取り上げたのが北朝鮮を取り上げた。

拉致被害者の横田めぐみに言及、北朝鮮を非難。そのうえで、北朝鮮が核、ミサイル開発を加速させていることについて北朝鮮・金成恩労働党委員長を“ロケットマン”と称し批判したうえで、「非核化が唯一受け入れられる未来だと北朝鮮は気付くとき」と述べ、北朝鮮への圧力をいっそう強めるよう各国に呼びかけた。


国連総会・今日から首脳会談(9月19日)
安倍首相は日本時間の午前3時すぎ、ニューヨークに到着した。

今年は、トランプ大統領が初めて出席し、日本時間の今夜、演説する予定である。
米国・トランプ大統領は「北朝鮮に関してだが、みなさんの大半は私の気持ちをわかってくれているだろう」。北朝鮮を巡って国際社会が結束を示せるか大きな焦点となる。

トランプ大統領は、金正恩朝鮮労働党委員長を「ロケットマン」と評し、「北朝鮮ではガソリンを求める行列ができている。...
全部読む


朝鮮半島情勢(9月16日)
(北朝鮮の挑発に翻弄される国際社会・北朝鮮がまたもや中距離弾道ミサイル発射)

北朝鮮が日本上空を通過する、中距離弾道ミサイル「火星12型」とみられるミサイルを発射した。ミサイルはグアムへの射程約3300kmを軽々超え、約3700kmの地点に落下した。この事実は米国にも十分なプレッシャーとなっている。再三の国連決議採決にも関わらず、ミサイル・核実験を繰り返す北朝鮮。今回も国連安保理は緊急会合を開催するが、新しい制裁が出る度にそれを口実に行動を起こす北朝鮮。...
全部読む


過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 … 29
「激動を読む」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.