テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【激動を読む】

[最新記事]
朝鮮半島情勢・米朝の威嚇の応酬がエスカレート・国連総会で、北朝鮮に対する各国の立ち位置が明確に”(9月23日)
金正恩委員長が声明・対米「史上最高の超強硬措置」(9月22日)
日米韓・日米首脳会談・米国・独自の追加制裁(9月22日)
安倍総理・国連総会で演説・“安保理決議・厳格な履行を”(9月21日)

朝鮮半島情勢(7月9日)
(北朝鮮のICBM発射をめぐり、揺れる国際社会)

4日、北朝鮮が“火星14型”ICBM大陸間弾道ミサイルをロフテッド軌道で発射、ミサイルは日本の排他的経済水域に落下した。朝鮮中央テレビは、「北朝鮮がICBM発射実験に成功した」とした上で、「今回のICBM実験は、独立記念日を迎えた米国への贈り物だ。これからも頻繁に贈り物をするつもりだ」とする金正恩委員長の声明を重大発表として紹介した。6日の国連安保理緊急会合では米国・ヘイリー国連大使が、北朝鮮に対し軍事的対応も排除しない姿勢を示すなど強硬姿勢で臨んだが、ロシアがミサイルをICBMと認めなかったため、安保理は非難声明を出すことができなかった。...
全部読む

米国ティラーソン国務長官・北朝鮮のミサイルはICBMと認める(7月5日)
北朝鮮がICBM(大陸間弾道ミサイル)の初めての発射実験に成功したと発表したことについて、米国のティラーソン国務長官は声明を発表した。
「北朝鮮のICBM発射を強く非難する」としてICBMが発射されたという認識を示した。

また米国政府当局者は「2段式のICBMだった可能性がある」との見方を明らかにした。
米国太平洋軍は当初「初期段階の分析結果として中距離弾道ミサイルの可能性がある」としていた。...
全部読む

北朝鮮・今朝のミサイル実験は「ICBMの成功だ」(7月4日)
北朝鮮は、今朝のミサイル実験は、「ICBMの実験」だと表明した。

一方安倍首相は今週、ドイツで開かれるG20サミットに合わせて米国、ロシア、韓国など各国の首脳と個別に会談し北朝鮮への対応など意見を交わしたいと言う考えを政府与党連絡会議で示した。

安倍首相は「米国・トランプ大統領、ロシア・プーチン大統領、韓国・ムンジェイン大統領はじめ各国首脳と積極的な首脳外交を展開し、北朝鮮問題をはじめとする主要な議題につき我が国の考え方を訴えていく」とコメントした。

朝鮮半島情勢(7月1日)
(北朝鮮に対して動かぬ中国、米国のいらだち)

トランプ政権は4月、5月には北朝鮮近海の日本海に空母を送り、軍事圧力を高めると同時に中国に圧力をかけ、北朝鮮に経済制裁、石油の禁輸圧力を与えるという戦略だったが、中国は北朝鮮に対してほとんど何もしてこなかった。このため米国は台湾に対してミサイルや魚雷などおよそ1600億円にのぼる武器を売却することを決め、議会に通知したと発表した。また、中国の丹東銀行をマネーロンダリングが憂慮される機関として米国の銀行との取引きを全面禁止すると発表するなど、中国を刺激したり、圧力を強める行動に出た。...
全部読む

米国財務省・中国の丹東銀行を取引全面禁止に(6月30日)
米国財務省は中国の丹東銀行をマネーロンダリングが憂慮される機関に指定し米国の銀行との取引を全面禁止した。

中国の対北朝鮮制裁が不十分だと圧力をかけていた米国がついに行動に出た。
上院外交委員長は中国の北朝鮮への圧力が不十分であるためセカンダリー制裁を本格的に始めるべきだと語った。

トランプ政権による北朝鮮への圧力政策が動き始めたか。

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 … 21
「激動を読む」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.