テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【激動を読む】

[最新記事]
北朝鮮・ミサイル制御の正確性を誇示(5月30日)
続く北朝鮮の挑発は・2隻の米空母が刺激しているのか(5月29日)
G7は北朝鮮包囲網構築も効果には疑問も(5月27日)
G7の首脳宣言ではどう扱われるか(5月26日)
朝鮮半島情勢(5月9日)
(北朝鮮は米国の呼びかけに応じるか?)

ロイター通信は8日、「北朝鮮が核・ミサイルの開発を放棄することを条件」に米国・トランプ政権が、キムジョンウン朝鮮労働党委員長の訪米を招聘し、米朝首脳会談に応じる用意があることを中国政府経由で北朝鮮に伝えていたことがわかったと報じた。「米軍が38度線を越えて北朝鮮に侵攻しない」ことや、「体制転換を求めない」「キムジョンウン政権の崩壊を目指さない」「朝鮮半島の再統一を急がない」など4つのノーを北朝鮮側に保証するものとしている。...
全部読む

朝鮮半島情勢(5月7日)
(北朝鮮に融和的な政権が韓国に誕生する可能性)

文在寅候補が新しい韓国の大統領に就任しそうだ。文候補が大統領になることで今後、どのような変化が起きてくるのか。文氏の両親は朝鮮戦争の際、北朝鮮から米軍の船によって戦火を逃れるため巨済島に避難してきた。こうした育ちや文氏のこれまでの言動から読み解くと、北朝鮮とは融和政策をとると見られ、文氏は北朝鮮の核兵器を排除させることもできると話している。しかし、米国や国際社会の目を意識して、当選後はピョンヤンに真っ先に行くことは難しいと思われる。...
全部読む

朝鮮半島情勢(5月6日)
(北朝鮮包囲網構築する米国)

4日、北朝鮮は「朝中関係のレッドラインを中国が乱暴に越えてきた」「友好関係がいくら大切だとしても命同然の核と引き換えまで懇願しない(労働新聞)」と石油の供給停止をちらつかせる中国を名指しで批判した。北朝鮮が中国を名指しで批判するのは極めて異例なことで、これに対し中国は制裁のレッドラインについて初めて言及し「核実験を行った場合、前例のない厳しい措置をとることになる(環球時報)」と北朝鮮に警告した。...
全部読む

米下院・北朝鮮への圧力強める法案可決す(5月5日)
米国議会下院は北朝鮮への核やミサイル開発資金に繋がるとして北朝鮮と取引のある外国人や外国企業を対象に制裁を科すことができる法案を可決し、北朝鮮への圧力強化を目指すトランプ政権を後押ししている。米国議会下院は4日、北朝鮮に対する制裁一段と強化する法案を賛成多数で可決した。法案は北朝鮮の労働者を雇用を不当に働かせたり、北朝鮮から大量に農作物や天然資源などを輸入したりした場合に米国政府が制裁を科すことができるようにしている。

法案は今後、議会上院で審議される予定でトランプ政権としては北朝鮮の後ろ盾となっている中国に対して中国企業への制裁をちらつかせながら協力を引き出したい狙いだ。
北朝鮮、中国の出方が注目される

朝鮮半島情勢(5月4日)
(米朝、緊張緩和はいつになるか)

史上最高規模の米韓合同軍事演習と北朝鮮の核実験の動きという緊張はやっと去った。しかしまた8月に米韓合同軍事演習がある。この数か月の間に外交的な話し合いをしなければ8月以降の軍事衝突の危機は避けられないのではないか。8月は第2ラウンドが待ち受けている。この1か月は反米月間で、この期間中に北朝鮮が核実験のボタンを押す可能性が憂慮される。

過去の記事
1 2 3 4 56 7

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.