テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【衆院選後の動き】

希望の党・共同代表選・玉木・大串が論戦・あす投開票(11月9日)
希望の党・共同代表選を前に候補者の討論会。玉木雄一郎衆議院議員と大串博志衆院議員が今後の党運営の在り方や経済政策をめぐり論戦を交わした。

玉木は「万年野党になってはならない。候補者をきっちり擁立していく。労働力の確保を国家戦略として進めることを経済成長戦略の柱に起きたい」、大串は「極めて早い段階で野党がしっかりまとまりをつくる。安倍自公政権打倒に向けて戦うという道筋をしめさなければ。アベノミクスの一極集中を止めて将来不安を無くしていくための教育、子育て、社会保障、雇用の安定に人への投資という観点から力を尽くす」。...
全部読む

希望の党・共同代表選「玉木・大串」両氏が立候補届け出(11月8日)
希望の党の国会議員の共同代表を決める選挙が告示され、玉木雄一郎衆院議員と大串博志衆院議員の2人が立候補を届け出た。泉健太衆院議員は立候補を断念し、渡辺周衆院議員は立候補を届け出なかった。

希望の党と民進党・党の態勢構築急ぐ(11月8日)
今の特別国会で来週にも実質的な審議が始まるのを前にきょう、希望の党は国会議員の共同代表を決める選挙を告示する他、民進党は両院総会で、党の役員人事を決めることにしている。

希望の党ではこれまでに、大串博志衆議院議員が立候補の意向を表明、玉木雄一郎衆議院議員が推薦人確保にめどがついたとしている他、泉健太衆議院議員、渡辺周衆議院議員が立候補したいとしている。

選挙戦になれば集団的自衛権の行使容認の安保法、野党連携のあり方などについて論戦が交わされる見通し。...
全部読む

希望の党・渡辺周“共同代表選挙に立候補したい”(11月6日)
希望の党・渡辺周元防衛副大臣が記者団に対し、今週10日に行う党の国会議員の共同代表を選ぶ選挙に立候補したいとの考えを示した。

憲法改正への対応について、渡辺元防衛副大臣は“地方分権や国民の知る権利といった選挙公約に明記したことは議論するが、憲法9条は最優先で急ぐべき課題ではない上に国論を二分するようなことなので、今はやる時期ではない」と述べた。

党の共同代表を選ぶ選挙には、玉木雄一郎衆院議員が立候補したいとの考えを示している他、泉健太衆院議員と大串博志衆院議員が意欲を示している。...
全部読む

希望の党共同代表選・3人が立候補か(11月3日)
希望の党が来週行う国会議員の共同代表を選ぶ選挙にもこれまでに3人(玉木雄一郎、泉健太、大串博志)が立候補に意欲を示していて、集団的自衛権の行使を可能とした安全保障関連法への対応や、憲法9条の改正などが主な争点になる見通し。

希望の党は小池代表が今後の党運営を国会議員に委ねる方針を示している。
玉木雄一郎、泉健太、大串博志は立候補に必要な国会議員8人の推薦人の確保を目指している。

3人はいずれも民進党出身で、先の衆議院選挙に希望の党から立候補するにあたり、集団的自衛権の行使を可能とした安保関連法について憲法に則り適切に運用するなどとした政策協定書に署名している。...
全部読む
希望の党が10日に代表選挙 玉木議員が立候補を表明(17/11/03)(再生)

過去の記事
1 ... 4 5 6 ... 20 ... 24

「衆院選後の動き」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.