テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【衆院選後の動き】

希望の党・あすにも党役員人事・挙党態勢構築できるか(10月26日)
希望の党は両院議員懇談会を開き、衆議院選挙の結果について小池代表が陳謝した。小池代表は引き続き代表を務める一方、「国政は国会議員に委ねていきたい」と述べ、党運営は国会議員に委ねる意向を示した。

希望の党は、来月1日召集される予定の特別国会を前に、党役員人事を速やかに決める必要があるとして、樽床代表代行らが人事案をまとめ、あすにも両院議員総会を開いて決定した考え。人事を通じて挙党態勢の構築を図れるかが焦点となる。

希望の党代表・小池百合子・苦労かけたこと謝りたい・今後は都政に邁進(10月25日)
希望の党代表・小池百合子は両院総会に出席。小池代表は「私の言動によって同志に大変苦労をかけた。心ならずも多くの方々を傷つけてしまった、あらためて謝りたい。多くの有為な人材を選挙で失ってしまった、本当に残念至極。党の代表として良い結果をもたらすことができなかったという意味で私は責任を負わなければならない」と陳謝した。

小池代表は執行部人事を含め今後の党運営は国会議員の判断に委ねる考え。小池代表は「党を立ち上げた責任を感じながら一方で都知事という事実もある。...
全部読む

希望の党・今日両院懇・小池代表厳しい局面に(10月25日)
希望の党は今回の衆議院選挙で、民進党出身者など235人を擁立も、50議席獲得にとどまった。

これを受けて希望の党は今日午後、両院議員懇談会を開き、今後の党運営など意見交換することにしており、午前中に訪問先のパリから帰国する予定の小池代表も出席することにしている。

小池代表は党執行部の体制について、自らは代表を続け国会議員の代表者も置く方向で検討する考えを示してるが、民進党出身者の中には“小池代表の「排除」発言が敗北につながった”などとし、小池代表の責任を問う声もある。...
全部読む

立憲民主党・無所属の民進党出身者と連合含め協議か(10月24日)
今回の衆議院選挙で民進党の出身者は、立憲民主党、希望の党、無所属から立候補し、対応が3つに分かれた。
立憲民主党は55議席を獲得、野党第1党に躍進した。
100人を超える民進党出身者を擁立した希望の党は50議席にとどまった。

ただ、自民党と公明党の両党は衆議院全体の3分の2を上回る313議席を獲得しており、野党各党にとっては国会で巨大与党と対じする態勢をどう構築していくのかが当面の課題となっている。...
全部読む


4度以上総理大臣に指名されたのは伊藤博文と吉田茂の2人だけ(10月24日)
衆議院選挙。安倍総理は来月1日に特別国会を開き第4次安倍内閣を発足させることにしている。

過去通算で4度以上総理大臣に指名されたのは伊藤博文と吉田茂の2人しかおらず、歴史的な長期政権の道へと一歩を踏み出すことになる。

今回国民の信任を得たことで自民党内では“来年の党総裁選に向け足場を固めた”との声も出ている。
反面、安倍総理の政権運営に対する評価は、賛否半ばになっている。

試金石となるのは憲法改正問題。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 78 9 10 … 24
「衆院選後の動き」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.