テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【脚光浴びる将棋】

名人戦第6局(6月20日)
佐藤天彦名人に羽生善治二冠が挑戦する、第76期名人戦の第6局が行われ、21時40分、145手で先手の佐藤名人が勝利した。対戦成績を4勝2敗とし、佐藤名人の防衛が決まった。、

里見香奈女流四冠が勝利(6月18日)
90期ヒューリック杯棋聖戦一次予選で、里見香奈女流四冠は村田智弘六段と対戦。85手で先手の里見女流四冠が勝利した。
奨励会を退会し女流棋士として活動する里見だが、復帰後初の男性プロ棋士相手の勝利となった。

里見女流四冠の次戦の相手は、藤井聡太七段。

ヒューリック杯棋聖戦第2局(6月16日)
豊島将之八段が羽生善治棋聖に挑戦する、ヒューリック杯棋聖戦五番勝負の第2局が行われ、18時14分、81手で先手の羽生棋聖が勝利した。このところ調子を落としている羽生だが、この勝利で対戦成績を1勝1敗とし、公式戦の連敗も5でストップした。

ヒューリック杯棋聖戦第1局(6月6日)
豊島将之八段が羽生善治棋聖に挑戦する、ヒューリック杯棋聖戦五番勝負の第一局が行われ、19時1分、99手で先手の豊島八段が勝利した。豊島八段は初タイトルに向け幸先の良いスタート。羽生棋聖はこれで公式戦5連敗と、調子を落としている。

竜王戦5組決勝(6月5日)
竜王戦の5組決勝で、藤井聡太七段は石井直裕五段と対戦、21時36分、96手で藤井七段が勝利した。
藤井七段はこれで竜王戦決勝トーナメント進出が決定した。決勝トーナメントを勝ち残り、挑戦者となって羽生竜王から竜王のタイトルを奪取すれば、八段への昇段が決まる。


【ノーカット】藤井聡太七段 vs 橋本崇載八段|AbemaTVトーナメント予選Aブロック一位決定戦/一局目|トーナメント全対局はAbemaビデオで無料公開中|将棋チャンネル

過去の記事
1 2 3 .... 10 .... 19

「脚光浴びる将棋」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.