テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【大相撲の現実】

日本相撲協会評議員会・貴乃花親方の理事解任全会一致で決議(1月4日)
日本相撲協会は臨時の評議員会を開き、理事で巡業部長を務める貴乃花親方の理事解任を全会一致で決議した。
相撲協会の理事が解任されるのは初めてで、貴乃花親方は役員待遇の委員に降格した。
池坊保子議長は「(解任理由は)元日馬富士の暴行問題に対して報告義務を怠り、また危機管理委員会による調査への協力を拒否したこと」とコメントした。
臨時評議員会は東京・両国の国技館で始まり元文部科学副大臣で議長の池坊保子など5人の評議員が出席した。...
全部読む


貴乃花親方の理事解任を提案(12月28日)
貴乃花親方の処分について、両国国技館で相撲協会の臨時理事会が行われた。理事会後、危機管理委員会・高野利雄委員長は、会見を開き、厳しい言葉で貴乃花親方を非難した。

貴ノ岩の怪我は事件性があると判断したにも関わらず、相撲協会に報告しなかった巡業部長としての責任を指摘した。また、巡業部長としての危機管理能力を問われる問題でもあると強い言葉で非難した。

貴乃花親方の処分の提案については評議員会が最終的に決定するが、決定は1月4日の臨時評議員会に持ち越されることになった。


貴乃花親方に注目集まる(12月21日)
日本相撲協会の聴取に応じる姿勢を見せた貴乃花親方、しかし昨日の臨時理事会では「巡業部長としてきちんと対応したので批判されることはない」との文書を配っていたことが明らかになった。

しかし再発防止策について危機管理委員会・高野委員長が意見を求めたところ、貴乃花親方は何も答えなかったという。

今後、注目されるのが貴乃花親方自身の処分、暴行事件について相撲協会に報告を行わなかったこと、調査要請を拒否し続けたことなどが問題視されている。...
全部読む


貴乃花親方・「来年に向けて戦う。処分へ覚悟はできている」(12月21日)
貴乃花親方がきのう、日本相撲協会臨時理事会に出席。理事会後、八角理事長は会見を開き、元横綱・日馬富士による事件の関係者への処分を発表した。

暴行現場に同席した横綱・白鵬と横綱・鶴竜は、2番目に軽い報酬減額。白鵬の方は減額が多い。八角理事長は、残り人気3か月間の報酬全額を返上した。
日馬富士の師匠・伊勢ヶ濱親方は、理事を辞任し、階級降格。日本相撲協会・鏡山危機管理部長は、貴ノ岩への異例の救済措置を発表した。...
全部読む


臨時理事会で処分内容を決定・会見で発表(12月21日)
元横綱・日馬富士の傷害事件をめぐる問題で、日本相撲協会の臨時理事会が開かれ、関係者の処分などが決定し、会見で発表された。

日馬富士は、「引退勧告相当」とし、功労金は検察の処分などを踏まえ減額を検討するとしている。今後の暴力事件に対しての重い前例となるという。

日馬富士の師匠の伊勢ヶ濱親方は、以前から申し出ていたが、今回の理事会をもって理事を辞任した。

傷害の現場に同席していた横綱・白鵬と鶴竜はともに減給の懲戒処分。...
全部読む


過去の記事
1 ... 2 3 4 . . 5

「大相撲の現実」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.