テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【貿易戦争】

初めて首脳宣言まとまらず・APECで異例の事態(11月19日)
パプアニューギニアで開かれていたAPEC(アジア太平洋経済協力会議)の首脳会議は、貿易をめぐる米国と中国の意見の対立で、初めて、首脳宣言がまとまらずに閉幕した。

昨日、中国・習近平国家主席は「保護主義、一国主義の古い道は、世界経済の不確定性を増すだけ」と述べ、米国・ペンス副大統領は「中国がやり方を変えるまでは、米国は方針を変えない」と述べた。

今日、安倍首相は「国際的ルールに則り、貿易、投資の自由化と連結性の強化によって繁栄するアジア太平洋地域は、日本が志向する『自由で開かれたインド太平洋』の核」として、自由で公正なルール作りに取り組んでいく考えを強調した。...
全部読む

APEC史上初めて首脳宣言採択を断念 米中の対立受け(18/11/19)(再生)


APEC首脳会議・安倍首相“「質の高い」インフラ投資を”(11月18日)
パプアニューギニアで開かれているAPEC・アジア太平洋経済協力会議の首脳会議は最終日のきょう地域経済統合の深化などをテーマに本格的な討議が始まった。

安倍首相は米中の貿易摩擦が激しさを増していることを踏まえ「世界中で保護主義による貿易制限的措置の応酬が広がっているが、いかなる措置もWTO・世界貿易機関のルールに従って行われるべきだ」と指摘した。
「国際的なルールにのっとり貿易投資の自由化と連結性の強化によって繁栄するアジア太平洋地域は、日本が志向する自由で開かれたインド太平洋の核だ」と指摘し、自由貿易の担い手として自由で公正なルールづくりに取り組んでいく考えを強調した。...
全部読む

APECで米中が応酬 安倍総理は「自由貿易が重要」(18/11/18)(再生)


米中、次の対決点(11月17日)
(原発が新たな覇権主義の舞台に登場)

米中貿易戦争を新冷戦と呼ぶ声も一部から出始めている中で原発が新たな覇権主義の舞台となる可能性が出てきた。米国では採算悪化のため、原発の運転停止が相次ぎ、欧州も脱原発が勢いを増しているが、今、世界の原子力市場の中で中国、ロシアが台頭してきている。世界で2000年以降に稼働した原発のうち何と約6割が中国とロシアによるものだ(世界で2000年以降に稼働した原発の製造国・1位:中国33基、2位:ロシア15基、3位:インド11基、4位:韓国9基、5位:フランス6基、6位:日本5基、7位:カナダ3基、8位:米国1基、その他:2基)。...
全部読む


米国・トランプ大統領・米中貿易摩擦・緩和へ向けた合意に前向き姿勢(11月17日)
米中両国は互いに関税を上乗せしあう制裁措置を発動して激しく対立する中、G20サミットに合わせてトランプ大統領と習近平国家主席が首脳会談を行う見通しになっている。

トランプ大統領は記者団に対して貿易の不均衡を是正するため中国側が対応について142項目のリストを送ってきたことを明らかにし、貿易摩擦の緩和に向けた合意に前向きな姿勢を示した。

トランプ大統領は「要求をほぼいたした完成度の高いリスト。...
全部読む


RCEP・年内の実質妥結見送りへ(11月13日)
日本や中国、インドなどアジア太平洋16ヵ国が参加するRCEP・東アジア地域包括的経済連携の閣僚会合は、きのうシンガポールで詰めの協議が行われた。

関税撤廃を巡ってインドが慎重な姿勢示すなど、各国の意見の隔たりは埋まらなかった。

経済産業省幹部によると、目標としていた年内の実質妥結を見送り、改めて来年中の完全妥結を目指すことで一致した。

各国はあす開催のRCEP首脳会議で協議する見通しである。...
全部読む


過去の記事
1 2 3 .... 10 .... 17

「貿易戦争」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.