テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【北朝鮮を追う】

習近平、北朝鮮メディアに寄稿(6月19日)
 訪朝の前日である19日、「労働新聞」をはじめとする北朝鮮メディアに、習近平主席の署名入り文章が掲載された。文章は中国側の新聞にも掲載された。

 中国のトップが訪問を前に、相手国の新聞に文章を寄せることは極めて稀である。それだけ、中国が今回の訪朝に力をいれていることになる。

 文章にはもちろん非核化や経済制裁の言葉はない。ただ中朝の伝統的友誼などについて綴った後に、金正恩委員長の指導の下、北朝鮮が新路線を歩み、経済発展に努めており、民生が改善され、社会主義建設が成就していることをあげられている。...
全部読む
訪朝前に習主席「地域安定に偉大な計画を作る用意」(19/06/19)(再生)


習近平の訪朝、米中・米朝関係への影響は?(6月18日)
 習近平主席が6月20-21日に北朝鮮を訪問する、との発表があった。中国の国家と党のトップが訪朝するのは14年ぶりとなる。習近平時代になって冷え込んでいた中朝関係であるが、昨年3月に金正恩委員長の初訪中以降、5月、6月、2019年1月と訪中が続き、関係は一気に改善された。本年は中朝国交樹立70周年ということもあり、いずれ習近平主席の訪朝があるだろうとの観測があったが、習近平主席としては、ロシア・中央アジア歴訪後、6月28,29日に大阪で行われるG20参加のための訪日前という外交日程がたてこんでいるなかでのタイミングでの訪朝となる。...
全部読む

【報ステ】中国・習主席 20日に北朝鮮初訪問へ(19/06/17)(再生)


習近平、6月21-21日に北朝鮮を訪問(6月18日)
 6月17日、中国の中共中央対外連絡部報道官は、北朝鮮金正恩委員長の招請により、習近平党総書記・国家主席が6月20,21日に北朝鮮を公式に訪問すると発表した。

 党総書記としての訪問は1990年に国家主席に就任するまえの江沢民が訪問したこともあるが、国家主席の訪朝は初めてである。

 北朝鮮としては、米国との交渉がうまくいかなかったことから、中国との関係をさらに良好にさせておきたい、できれば中国を通じて、北朝鮮の思惑を米国に伝えたいという思いがあるものと思われる。...
全部読む

習近平主席が北朝鮮を初訪問へ G20に向け米けん制(19/06/18)(再生)


6.15共同宣言から19年(6月16日)
 19年前の6月15日は史上初めてとなる南北首脳会談の「共同宣言」が発表されえた日である。15日の朝鮮中央通信は、「6.15共同宣言の趣旨に則って、開城工業団地と金剛山観光を再開し、北南を結ぶ鉄道と道路を連結するように」という決議書を掲載した。

 決議書では2018年の「板門店宣言」や「9月平壌共同宣言」は「6.15共同宣言」の基本的精神を継承するもので、「6.15共同宣言」により、北南は戦争の瀬戸際にあった危機的状況を転換させ、種々の困難を克服し、平和と繁栄を強固にするものとなったこと、さらに民族の自主原則を貫き、外部勢力の干渉に反対すると述べている。...
全部読む


ベトナムからの支援食糧、北朝鮮に到着(6月15日)
 ベトナムからの支援食糧が13日に北朝鮮の南浦港に到着したと、14日の朝鮮中央通信が伝えた。食糧の種類や規模については伝えられていない。

北朝鮮の食糧事情については、経済制裁の影響で化学肥料が輸入できなかったことや天候不順によってこの10年で最悪な状況であると、5月に国連世界食糧計画(WFP)と国連食糧農業機関(FAO)が伝えていた。

どのような方法で支援を行うかもめていた韓国も、6月11日にはWFPと国連児童基金(UNICEF)を通じて800万㌦の支援を行っている。...
全部読む


過去の記事
1 2 3 .... 10 20 30 .... 93

「北朝鮮を追う」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.