テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【米国バイデン政権】

ジョー・バイデンTwitter
大統領公式Twitter
カマラ・ハリスTwitter
副大統領公式Twitter
ナンシー・ペロシTwitter
『バイデン政権の主な顔ぶれ』

感染者1億人超・パンデミック・国際協力への展開は(1月29日)
これまでほとんどの国は自国の対策で手いっぱいで、国際的な協力体制が十分機能していなかった。

米国・トランプ前政権がWHOは中国に支配されていると批判し、WHOからの脱退を通告した。

バイデン大統領が脱退を撤回する大統領令に署名し、COVAXファシリティへの参加を表明した。

WHOを中心とした国際的な協力体制を再構築できる期待が生まれている。新型コロナウイルスは変異を繰り返し、感染の波を広げると予想される。...
全部読む


米ロ首脳電話会談・新STARTで合意(1月27日)
米国のホワイトハウスは声明を発表し、バイデン大統領がロシアのプーチン大統領と初めての電話会談を行い、来月5日失効の期限を迎える両国の核軍縮条約「新START」を5年間延長する手続きを進めることで合意したと発表した。

新STARTは米国とロシアの間に残された唯一の核軍縮条約で、延長で合意できるかどうかが焦点となっていた。


バイデン新政権・ワクチン普及・経済対策へ(1月25日)
国内で死者が41万人を超えた米国のバイデン新政権の新型コロナウイルスの対策についてだが、バイデン新政権で公衆衛生政策を担う医務総監に指名されたマーシー氏は24日、ABCテレビに出演し、バイデン大統領が新型コロナウイルス対策として掲げている政権発足から100日で1億回分のワクチン接種という目標をまずは着実に実現させる重要性を強調した。

そのうえで、感染や死亡率が高いマイノリティーや、医療サービスが受けにくい地方にもワクチンを幅広く普及させることが課題だと指摘した。...
全部読む


米国・ホワイトハウス報道官“当面は国内経済”TPP早期復帰に慎重姿勢(1月23日)
米国・ホワイトハウスのサキ報道官は22日、会見で「今後数カ月、力を入れるのは経済であり、米国の中間層のために全力を尽くす」と述べ、当面は国内の経済対策に力を入れるとしてTPP(環太平洋パートナーシップ協定)への早期の復帰には慎重な姿勢を示した。

またサキ報道官は北朝鮮の核ミサイル開発について「世界の平和と安全保障にとって深刻な脅威だ」としたうえで、今後について「米国と同盟国を守るため新たな戦略を作る」と述べ日本や韓国など同盟国と緊密に連携していく考えを示した。...
全部読む


バイデン新政権早速着手(1月23日)
バイデン新政権が誕生した。トランプ政権が残した問題山積の政権となるが、バイデン新大統領は就任当日から矢継ぎ早に、「パリ協定」の復帰や「メキシコとの国境の壁の建設中止」など17の大統領令に署名した。

17の大統領令はほぼトランプ政権が進めてきた政策をほぼひっくり返すものであり、こうしたやり方は大統領が代わった際には米国では慣例的となっており、トランプ政権との決別を象徴的に意味するものでもある。...
全部読む



過去の記事
1 ... 53 54 55 . 60 70 80 . 85

「米国バイデン政権」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.