テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【Globali】
 

ベネズエラ大統領;米国と対峙する中国・北朝鮮首脳に倣って、トランプ大統領の早期快復祈願メッセージ、但し皮肉入り【米メディア】

ドナルド・トランプ大統領の新型コロナウィルス(COVID-19)感染罹患の報道に対して、米国と対峙する中国首脳、また、北朝鮮からも早期快復を願うとの見舞いメッセージが寄せられた。そこで、南米の反米政権を率いるベネズエラ大統領も同様のメッセージを発信した。但し、“もっと人間らしくなって戻ってくることを願う”との皮肉が込められている。

10月5日付『ブライトバート』オンラインニュース(保守系メディア):「ベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領、トランプ大統領がCOVID-19感染で“もっと人間らしくなる”ことを願うと表明」

ベネズエラの社会主義独裁者であるニコラス・マドゥロ大統領(57歳、2013年就任)は、定例の日曜夜のテレビ会見で、ドナルド・トランプ大統領(74歳)のCOVID-19感染に触れて、快復に当たって“米国市民や世界の人たちのことを考えられるように、もっと人間らしくなって”戻ってくることを願うと表明した。...

全部読む

 

中国国営メディア、米空軍の新制服が対中国戦闘を暗示と報道【米・中国メディア】

ドナルド・トランプ大統領は、今秋の大統領選再選を目論んで、強い指導者像をアピールすべく、対中国強硬路線を邁進している。一方、仮にジョー・バイデン民主党候補が勝利しても、対中国戦略が軟弱に転じることはないとみたのか、習近平(シー・チンピン)国家主席も、万一に備えてと人民解放軍(PLA)の増強を抜かりなく行っている。そうした中、中国国営メディアが、米空軍が新たに採用した制服が、対中国戦闘を暗示する仕様になっていると難癖をつけている。

10月1日付米『ブライトバート』オンラインニュース:「中国国営メディア、米軍の新制服が対中国戦闘仕様だと難癖」

中国国営メディア『環球時報』は9月29日、米空軍が新たに採用した制服が、対中国戦闘を暗示する仕様となっていると報じた。

『米空軍誌』(月刊)によると、“中東から太平洋地域に重点を換えるという意味から、新たに採用された空軍兵の制服には、中国を示す赤いシルエットの上にMQ-9無人攻撃機を重ね合わせたワッペンが付けられている”という。...

全部読む

page12345678910

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.