テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【Globali】
 

日本他で入港拒否された米クルーズ船乗客に新型コロナウィルス感染者【米・マレーシアメディア】

2月11日付Globali「日本で入港拒否された米クルーズ船、避難先のタイで下船可能?」で報じたとおり、新型コロナウィルス感染の疑いがある乗客がいることを理由に、横浜港入港を拒否された米クルーズ船“ウエステルダム号”は、止む無く次の避難先のタイへ向かった。結局タイでも受け入れを拒否され、最終的に、中国から裏で突き上げがあったためか、親中国派のカンボジアが入港を認めた。しかし、下船した第1陣の乗客の中に、新型コロナウィルス感染者がいることが判明し、今後の対応に困難が立ちはだかることになっている。

2月15日付米『USAトゥデイ』紙:「米ホーランド・アメリカ社クルーズ船乗客の中に、新型コロナウィルス感染者」

『ブルームバーグ』及び『ロイター通信』報道によると、マレーシアの保健省が2月15日、カンボジア停泊中の米ホーランド・アメリカ社(1837年創業、本社シアトル)のクルーズ船“ウエステルダム号”乗客の一人である83歳の米国人女性が新型コロナウィルス感染者であることが判明したと発表した。...

全部読む

 

クルーズ大手ロイヤル・カリビアン、新型肺炎で運航中止が相次ぎ通期利益に打撃

クルーズ運航大手のロイヤル・カリビアン・クルーズは13日、新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を受けて、東南アジアで18クルーズの運航を中止したことを発表した。これにより同社の通期利益に大きな影響が生じる見込みだという。

『ロイター通信』『ブルームバーグ』、経済誌などが報じた。ロイヤル・カリビアンは先週、3月4日までの中国発の8クルーズの中止を発表し、この結果、今年の第1四半期の利益が1株当たり0.25ドル減少するとの見通しを示していた。

同社は13日、東南アジアでの18クルーズの運航中止は、通期利益を1株当たり0.65ドル押し下げるとして、もし4月末までアジアでの残りの全てのクルーズを取り止めた場合、1株当たりの通期利益はさらに0.55ドル減少するとの予測を明らかにした。...

全部読む

page12345678910

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.