テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【Globali】
 

ロシア;都市封鎖徐々に解除も、数十万人の出稼ぎ労働者は仕事も食糧もなく飢餓一歩手前【米・チェコメディア】

ロシアでは、新型コロナウィルス(COVID-19)感染者が40万5,843人と世界3位となっているが、ピーク時より新たな感染者が漸減傾向にあるとして、モスクワ初め多くの都市で6月1日以降都市封鎖解除が段階的に進められようとしている。しかし、そうした中にあって、都市封鎖で最も打撃を受けた弱者、特に1,100万人に上る出稼ぎ労働者の多くが、仕事もなければ食糧も底をつく飢餓一歩手前の状態になっていると、国際機関が窮状を訴えている。

5月31日付米『ABCニュース』:「COVID-19に伴う都市封鎖措置で数十万人のロシア出稼ぎ労働者が食糧危機」

ロシア当局は、COVID-19の新たな感染者が漸減傾向にあるとして、6月1日以降、モスクワ初め主要都市での都市封鎖措置を段階的に緩和すると決定している。

3月中旬以来、2ヵ月半余りの不自由な生活を強いられたロシア市民は、経済活動再開を心待ちにしている。

しかし、そうした中にあって、ロシア市民ではないロシア在住者、特に1,100万人と推定される出稼ぎ労働者の多くは苦難のどん底で喘いでいる。...

全部読む

 

米国がいよいよ孤立? EU主導の新型コロナウィルス用ワクチン開発資金拠出国際会議を唯一欠席【米・フランスメディア】

新型コロナウィルス(COVID-19)感染問題に関わり、米中間の鍔迫り合いがヒートアップしている。そうした中、欧州連合(EU)が、COVID-19用ワクチン共同開発のための必要資金を拠出するために招集したオンライン国際会議に、主要国の中では米国のみが欠席した。一方、出席した中国代表はこのときとばかり、非難し合っていてはこの難局は乗り切れないと、欠席裁判よろしく米国を間接的に批判している。

5月5日付米『ABCニュース』:「米国、COVID-19用ワクチン開発資金拠出のための国際会議を欠席」

欧州連合(EU)が5月4日、COVID-19用ワクチン開発に充てる資金を募るべく、テレビ電話による国際会議を主催した。

この会議に主要国の中では、唯一米国が出席していない。

EU発表によると、フランスのエマニュエル・マクロン大統領、ドイツのアンゲラ・メルケル首相、英国のボリス・ジョンソン首相、日本の安倍晋三首相、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領、豪州のスコット・モリソン首相、カナダのジャスティン・トルドー首相らが出席している。...

全部読む

page12345678910

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.