テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【Globali】
 

英航空会社フライビーが倒産、新型コロナウイルスの航空会社への影響が拡大

英国の大手航空会社フライビー(Flybe)が5日に倒産し、同社は全便の運航停止を通告した。新型コロナウイルス流行による需要減が資金繰りに窮していた同社に追い打ちをかけた格好であるが、他の世界各国の航空会社も、新型ウイルスの感染拡大で大きな打撃を受けており、減便などの動きが相次いでいる。

『AFP通信』『CNN』などの報道によると、フライビーは今後破産管財人の管理下に入り、倒産処理手続きを進めると同社のウェブサイトで発表した。同社は「全てのフライトは運航停止し、英国での営業は即時に停止した。」と説明しており、代替便の提供などはしないという。同社は政府から税の減免措置を受けて、1月に経営破綻を免れていた。

フライビーは従業員約2,000人の地域航空会社で、イングランド南西部エクセターを本拠に欧州の43空港、国内の28空港を結び、年間約800万人の乗客を運んでいた。...

全部読む

 

世界の砂浜の半分が2100年までに消滅の恐れ、最も深刻な影響を受けるのは豪州

英科学誌「ネイチャー・クライメート・チェンジ(Nature Climate Change)に2日に掲載された研究論文で、気候変動と海面上昇が現在のまま進行した場合、2100年までに世界の砂浜の半分が消滅する可能性が指摘されている。最も深刻な影響を受ける可能性がある国はオーストラリアだという。

英紙『ガーディアン』、仏『AFP通信』、米『CNN』など多くのメディアが報じた。論文では、人類が地球温暖化の原因となっている化石燃料による汚染を急激に減らしたとしても、世界の砂浜の海岸線の3分の1以上が2100年までに消滅する恐れがあり、大国でも小国でも沿岸の観光産業が大きな打撃を受ける可能性があると指摘している。

同論文の筆頭執筆者を務めた欧州委員会・共同研究センターの研究者、ミカリス・ブドゥカス氏は、「観光産業のほかにも、砂浜の海岸はしばしば沿岸を暴風雨や洪水から保護する第一の防衛線として機能しており、これがなくなれば、異常気象の事象の影響が強まるだろう。...

全部読む

page12345678910

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.