テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【Globali】
 

ロシア憲法改正;異性間のみの婚姻規定より、LGBTQを推定させるとしてレインボーアイスクリームまで非難対象に【米・ロシアメディア】

7月4日に発効したロシア改正憲法は、ウラジーミル・プーチン大統領の長期続投が可能になったことが大きな話題になっている。ただこれ以外にも、国際社会から受け入れ難い条項がある。今回報道されたのは、ロシアで子供向けに販売されているレインボーアイスクリームが非難対象になっているとの話題で、それは改正憲法で、“婚姻は異性間のみ”と明記されたことから、LGBTQ(注1後記)推進を奨励していると取られると批判されたという。そこで、同大統領も早速実態調査に乗り出すと表明している。

7月7日付米『ニューヨーク・デイリィ・ニュース』紙:「ロシアの“レインボーアイスクリーム”が同性愛を助長するとの非難の声に、プーチン大統領が実態調査を表明」

ロシアの有名な政治家がウラジーミル・プーチン大統領に対して、カラフルな色が売りで子供向けに販売されているレインボーアイスクリームが、改正憲法規定に反して、同性愛という思想を子供たちに植え付ける恐れがあると直訴した。

ロシア女性連合のエカテリーナ・ラホーバ代表で、7月3日に開催された同大統領との公開テレビ討論会で、“同アイスクリームの宣伝文句によって、子供たちがLGBTQを象徴する旗などに親しみを感じ易くさせる恐れがある”と訴えた。...

全部読む

 

米ロ首脳;共に新型コロナウィルス封じ込め失敗を責められる中、75年前の両国記念日に協調アピール【米・ロシアメディア】

75年前の4月25日、米ソ両軍はドイツのエルベ川で合流し、両国間の不戦を誓い合って、ナチスドイツ撃破に邁進した。その75周年記念日に、ドナルド・トランプ大統領とウラジーミル・プーチン大統領が、両国首脳として10年振りに共同声明を発表し、猛威を振るう新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大に当たって、両国が協調する必要性を訴えた。両首脳とも、COVID-19封じ込めに失敗していることを責められている折り、多分に“やっている”感を示すためのポーズのように見受けられる。

4月25日付米『ボイス・オブ・アメリカ』『ロイター通信』配信):「トランプ・プーチン両首脳、久方振りに共同声明発表」

ドナルド・トランプ大統領とウラジーミル・プーチン大統領は4月25日、第二次大戦中の75年前の今日、ナチスドイツ撃破に共同して向かうことを誓った「エルベ川の誓い」を行ったことを記念して、10年振りとなる共同声明を発表した。

当時、ベルリン南方のエルベ川で、西進してきたソ連軍と東進してきた米軍が合流して、両国間の不戦を誓い合った。...

全部読む

page12345678910

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.