テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
05/20 21:08
NHK総合 【NHKスペシャル】
緊迫・北朝鮮・危機の深層・“究極の兵器”ICBM開発の実態
関連記事
05/23(火)
(テレビ朝日[グッド!モーニング])
北ミサイル映像公開“進化”の背景
北朝鮮が一昨日のミサイル発射の動画を公開。
映像を分析すると北朝鮮が着実に技術力を高めていることがわかってきた。
金正恩委員長は「百点満点だ」とのコメント文。
映像から新たに分かったこと:2月の北極星2との違い、宇宙からの映像の意味、実戦を意識した装備。
軍事ジャーナリスト・黒井文太郎は「最終的な確認作業を今回した」と電話コメント。
金正恩委員長は北極星2の実戦配備を承認した上、量産化を指示したと朝鮮中央通信が伝えている。
朝鮮中央テレビはミサイル搭載カメラで地球を撮影しリアルタイムで地上に送った映像を伝えている。
元海上自衛隊自衛艦隊司令官・香田洋二は「ミサイルの開発体制が充実した」と電話コメント。
そして、映像に写っていたのはベルト式の走行装置。
北朝鮮は固体燃料型のICBM開発も視野に入れている。
米国軍横須賀基地の映像。
05/23(火)
(TBSテレビ[はやドキ!])
北朝鮮・ミサイル見えた変化・もう「量産体制」の台所事情
ミサイルを発射した時間帯に注目する。
今年、北朝鮮はミサイルの発射実験を7回行い、そのすべてが午前中だった。
しかし今回の発射は午後5時だった。
立命館大学・平井久志客員教授のコメント。
米国・トランプ大統領の中東外遊に言及。
ICBMに言及あり。
サウジアラビア・リヤドの映像。
05/22(月)
(フジテレビ[ユアタイム])
満面の笑み・正恩「100点満点だ」北のミサイル発射映像
朝鮮中央テレビが、「北極星2型」ミサイル発射映像を放送した。
金正恩朝鮮労働党委員長がガッツポーズをし、「100点満点だ、完璧だ」とコメントも紹介された。
北朝鮮・北倉から発射された自立式発射台、固体燃料のミサイルは、日本全体を収める、射程約2000キロで、コールドローンチと呼ばれる方式。
軍事評論家・岡部いさくは「道路の無いところでも、発射場所は自由なため、どこから発射されるか分かりにくい、すぐに発射出来る」と話した。
韓国軍によると、ミサイルは日本の排他的経済水域の外に落下したと見られる。
小野寺五典元防衛大臣のスタジオコメント。
北朝鮮のミサイル発射履歴:2月1発、3月2発、4月3発、5月2発。
これを潜水艦に応用すれば、太平洋に進出して、米国の近くから撃てば脅威となる。
17日の国連安保理では、日本と米国が「制裁強化」、中国とロシアが「慎重な姿勢」。
23日に安保理の緊急会合予定。
グーグル。
平壌の映像。
ロフテッド軌道、米国、トランプ大統領、サウジアラビア、ICBMに言及。

テレビプレス テレビすべて

関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題
特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(政治、経済、社会)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.