テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2017/07/18
BS1 【BSニュース】
九州北部豪雨・34人死亡・7人安否不明
関連動画
九州北部豪雨の被災地へ・・・台湾から見舞い金贈られる(17/07/26) (再生)
今月上旬の九州北部豪雨の被災地へ、台湾から見舞い金が贈られました。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

九州北部豪雨で被災した農産物直売所が営業再開 福岡県朝倉市 (再生)
九州北部豪雨で被災した福岡県朝倉市山田の農産物直売所「三連水車の里あさくら」が25日、営業を再開した。直売所の駐車場は土砂や流木で埋まり、店内にも泥水が入った。従業員と生産者らが協力して片付け、営業できるようにした。ただ被災した生産者もおり、品数は通常の3分の1程度という。://www.asahi.com/articles/ASK7T3F60K7TTIPE009.html※朝日新聞社の動画の改ざんや、許可なく商用・営利目的で利用することを禁じます。

棚田崩落、廃業考える農家も 九州北部豪雨で被害調査 福岡県東峰村 (再生)
九州北部豪雨の被災自治体で、農地の被害調査が進みつつある。ただ山間部で調査の難しい場所も多く、被害額はさらに膨らむ見通しだ。被災し、廃業を自治体に相談する農家も出ている。3人が犠牲になった福岡県東峰村の岩屋地区。7月21日、水田の被害を調べる村職員に記者も同行した。://www.asahi.com/articles/ASK7S5FM0K7STIPE030.html※朝日新聞社の動画の改ざんや、許可なく商用・営利目的で利用することを禁じます。
関連記事
07/27(木)
(TBSテレビ[ひるおび!])
全国各地で大雨被害相次ぐ・家屋浸水の相談事例を法律解説
今月、各地で大雨による水害が相次いでいる。
5日、島根県で大雨特別警報が出され一時、2万6千人に避難指示が出た。
九州北部豪雨で大雨特別警報が出され一時、福岡。
大分で約45万人に避難指示が出された。
その後、愛知、新潟、秋田でも大雨が続き、一昨日は西東京市で道路が冠水した。
全国の家屋の浸水被害件数は今月、床上浸水約740件、床下浸水約2200件(内閣府HP)。
気象予報士・森朗によると日本付近に台風が2つ発生、晴れていても急な雷雨の恐れがあり、今後も豪雨や大雨に注意が必要だという。
大雨により家屋に被害を受けたら、疑問を具体例をもとに解説、公的な支援制度を紹介。
島根・浜田市、福岡・朝倉市の映像。
07/27(木)
(NHK総合・東京[おはよう日本])
流木・土砂・撤去作業続くも・九州北部豪雨から3週間
九州北部豪雨から昨日で3週間。
被害を受けた地域では厳しい暑さが続く中、復旧作業が進められている。
一方で大量の土砂が残ったままの集落も多く、故郷の再生は道半ば。
福岡・朝倉市の山あいの地域は車で入れない地域のためボランティアの協力が望めず、家族だけで作業を進めてきたという。
影響は特産品の黒砂糖にも。
福岡・朝倉・三奈木地区ではサトウキビに被害。
一方、被災した工場を支援する動きも始まっている。
建設機械などに使う部品を製造する企業を訪ねたのは西日本シティ銀行・谷川浩道頭取。
自ら被害の状況を確認した。
西日本シティ銀行・谷川浩道頭取は「スピーディーにやっていくことがとりわけ大事」とコメント。
07/26(水)
(NHK総合・東京[ニュースチェック11])
九州北部豪雨の被害・特産品生産に懸念も
九州北部の記録的な豪雨で福岡県朝倉市三奈木地区ではサトウキビ畑の被害で特産の黒砂糖の生産が続けられるのかという不安が広がっている。
企業の工場も被災して機械が使えなくなるなどの被害が出ていて、再建に向けて金融機関が支援の検討を進めている。
西日本シティ銀行・谷川浩道頭取は「スピーディーにやっていくことがとりわけ大事だと思う」とコメント。

テレビプレス テレビすべて

特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(全ジャンル)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.