テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2017/07/18
TBSテレビ 【ひるおび!】
東京都心・今年初の猛暑日
関連動画
父島に空港整備検討 小笠原諸島への航空路開設で(17/07/28) (再生)
小笠原諸島への航空路の開設に向け、東京都は父島に空港を整備する案を軸に検討していく方針を固めました。 小笠原諸島への航空路については、これまで父島に空港を整備する案のほか、硫黄島を経由してヘリコプターを使う案や水上飛行艇を活用する案などが検討されてきました。・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから![テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

総労働時間2割減 電通、山本社長が記者会見 (再生)
広告大手の電通は27日、違法残業事件を受けて労働環境改革基本計画を発表し、2019年度の1人当たりの総労働時間を14年度比で2割削減すると表明した。山本敏博社長は東京都内で記者会見し、労働基準法違反の罪で正式裁判を受けることに関して謝罪した。記事詳細://www.47news.jp/news/2017/07/post_20170727170105.html

父島に滑走路を検討 小笠原と都心が2時間半? (再生)
小笠原の空港開設へ一歩前進です。東京都と東京・小笠原村は、父島北部の洲崎地区に滑走路の設置を検討していくことを決めました。 現在、小笠原と都心を結ぶ交通手段は週に1往復、片道24時間かかるフェリーだけです。小笠原で救急患者が出たときには飛行艇を手配する必要があるなど、医療面の問題などから、村は都に空港開設を求めてきました。 都庁で27日、7年ぶりに東京都と小笠原村の代表が集まり、空路開設を検討する協議会を開きました。この中で小笠原村の森下村長は「課題は多くあるが、何としても航空路を開設したい」と発言しました。小笠原の新たな交通手段についてはこれまで、超高速船の開発や別の場所への空港開設が検討されましたが、費用の問題から実現には至っていません。 都が示した新たな案は、世界自然遺産の区域に入っていない父島の洲崎地区に1200メートルの滑走路を設けるものです。完成すると、定員50人程度のプロペラ機であれば都心と片道およそ2時間半で結ばれるようになります。一方で、自然環境に与える影響がどの程度か、検証すべき課題は残っています。森下村長は「今までは本当にできるのかなという話だったが、小笠原の航空路の検討の姿勢を打ち出せたことは評価したい」と述べました。 小笠原村は2018年夏の返還50周年の式典で空港開設の表明をしてもらえるよう、都に働き掛けていく方針です。
本日の「ひるおび!」...

テレビプレス テレビすべて

特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(全ジャンル)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.