テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2017/08/14
NHK総合 【NHKニュース】
岐阜・白川村・真夏の成人式
関連動画
中央道土砂崩れ 現場で応急措置始まる (再生)
岐阜県瑞浪市で起きた中央自動車道の土砂崩れは、近くの会社が、10年以上にわたって捨てていた陶磁器原料が流れ出ていたことがわかりました。 22日夜も雨への注意が必要となる中、さらなる流出は、防げるのでしょうか。 先週金曜日に起きた中央道の土砂崩れでは、土砂に混じって、粘土状の白い泥が道路や住宅街に流出し、岐阜県は、現場近くの「丸釜釜戸陶料」が、斜面に置いていた陶磁器の原料が流れ出たと断定しました。 会社側は取材に対し、少なくとも10年以上にわたって不要になった原料を捨てていたことを認めています。 県はさらなる流出を防止するため、対策を早急に取るよう、21日、会社に対し措置命令を出しました。 会社は、22日から、川の周囲に土嚢を積んだり、土砂崩れ現場をブルーシートで覆ったりする対策を始めています。 一方、白い泥が流れ込んだ住宅街では、22日も住民が片付けに追われました。 「現在、散水車による作業が行われています。ゆっくりと前進し、水をまきながら泥を流しています」(記者リポート) 警察も廃棄物処理法違反などの疑いがあるとみて、関係者から事情を聞くなど捜査を進めています。

「郡上八幡」の夏 (再生)
2017年8月2~4日撮影。「郡上八幡」の呼び名で知られる岐阜県郡上八幡市は、夏にその魅力がひときわ輝く。川では子供たちの歓声があがり、街のいたるところで郡上おどりが開催される。水とともに生きてきた郡上八幡の街並みを、紹介する。

【CBC News】中央道土砂崩れ 10年にわたり原料を廃棄か (再生)
岐阜県瑞浪市の中央自動車道で発生した土砂崩れで、陶磁器原料をつくる近くの会社が、少なくとも過去10年にわたって、不要になった原料を、崩れた斜面に捨てていたことが分かりました。 中央道の土砂崩れでは、土砂に混じって、粘土状の白い泥が、道路や住宅街に流出し、岐阜県は、現場近くの「丸釜釜戸陶料」が斜面に置いていた陶磁器の原料が、流出したと断定しました。 そのため、県は21日、さらなる流出を防止するため、対策を早急に取るよう会社に対し措置命令を出しました。 会社の説明によると、斜面には、不要になった廃棄物の原料を少なくとも過去10年にわたって、1トン袋に詰めるなどして捨てていて、多いときには、1か月で3トン捨てることもあったと言うことです。 警察も、廃棄物処理法違反などの疑いがあると見て、関係者から事情を聞くなど捜査を進めています。(22日11:59)

テレビプレス テレビすべて

特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(全ジャンル)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.