テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2017/10/13
BS1 【BSニュース】
神戸製鋼・データ改ざん・出荷先・約500社に
関連動画
記者会見する神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長 (再生)
神戸製鋼所は13日、データ改ざん問題に関し、鋼線や特殊鋼など新たに9製品で改ざんや検査の未実施といった不正があったと発表した。製品の出荷先はこれまでに不正が判明した製品分も含め、計500社程度に拡大する。これまで否定していた主力の鉄鋼製品でもデータ改ざんなどが行われていたことで、取引先の不信感が一段と強まるのは必至だ。 川崎博也会長兼社長は東京都内で記者会見し、一連の問題について「不適切行為で多大なご迷惑をかけ、おわびする」と謝罪した。新たな不正は「取締役会でも報告され、(以前から)認識していた」としたが、隠蔽(いんぺい)の意図は否定。経営責任に関しては「安全性の検証や、原因と対策に全力を注ぐ」と述べるにとどめた。【時事通信映像センター】映像素材の購入はこちらから https://www2.jiji.com/f/enq/form.php?pid=kiji

【ノーカット】検査データ改ざん問題で神戸製鋼所の川崎博也社長が会見 (再生)
主力の鉄鋼製品でも不正が発覚した神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長らが13日に記者会見し、鉄鋼の問題を認識しながら公表しなかったことについて「隠していたわけではない」と釈明した。

神鋼社長、データ改ざん謝罪 新たな不正の可能性も (再生)
アルミニウム製品の性能データを改ざんしていた神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長が12日午前、経済産業省で多田明弘製造産業局長と面会。川崎氏は不正の経緯を報告、謝罪した。記事詳細://www.47news.jp/news/2017/10/post_20171012111243.html
関連記事
10/18(水)
(日本テレビ[Oha!4])
神戸製鋼が検査データを改ざんしていた問題で、こうした不正が数十年前から行われていた可能性が高いことが、関係者への取材で明らかになった。
複数の管理職が不正に関与するなど、不正は組織的に行われていたことになる。
一方この問題で米国の司法当局もデータ改ざんを問題視し、神戸製鋼に虚偽データに関する書類を提出するよう求めるなど影響が広がっている。
神戸製鋼は米国のGMやフォード、ボーイングなどに製品を納入していて影響は海外にも広がっている。
資料:米国司法省。
10/18(水)
(日本テレビ[Oha!4])
神戸製鋼が検査データを改ざんしていた問題で、こうした不正が数十年前から行われていた可能性が高いことが、関係者への取材で明らかになった。
複数の管理職が不正に関与するなど、不正は組織的に行われていたことになる。
一方この問題で米国の司法当局もデータ改ざんを問題視し、神戸製鋼に虚偽データに関する書類を提出するよう求めるなど影響が広がっている。
資料:米国司法省。
10/18(水)
(フジテレビ[めざましテレビアクア])
神戸製鋼所は製品データ改ざん問題を受け、米国の司法当局から米国国内で販売した問題の製品に関する書類を提出するよう求められたと発表。
問題の製品の出荷先は国内外で500社にのぼり、米国ではゼネラルモーターズやフォードモーター、ボーイングなどが使用していることがわかっている。

テレビプレス テレビすべて

特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(全ジャンル)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.