テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2017/10/14
TBSテレビ 【上田晋也のサタデージャーナル】
<特集>安倍総理・党内から異論も・・・異例人事で改憲へ熱意



関連記事
10/19(木)
(フジテレビ[みんなのニュース])
国際政治学者・三浦瑠麗が解説。
安倍総理は今年5月、憲法9条の1項、2項を残しつつ自衛隊を明文で書き込むとし公約に掲げている。
憲法改正をどう考えるのか各党のスタンスを紹介。
自民党、日本維新の会、日本の心は賛成、前向き。
希望の党は議論に前向き。
公明党は慎重。
立憲民主党、共産党、社民党は反対。
憲法改正の手続きについて。
10/19(木)
(テレビ朝日[羽鳥慎一モーニングショー])
今日のテーマ「そもそも各党は9条改憲をどうのように考えているのだろうか?」。
衆院選での争点の一つ「憲法9条の改正」。
憲法9条第1項、2項では、「戦争と、武力による威嚇または武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」、「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。
国の交戦権は、これを認めない」としている。
各党のインタビュー紹介。
「自民党は9条1項、2項に対して第3項を作って自衛隊を明記するということを言っているが、これについてはイエスとノーどちらか?」と問われ、立憲民主党・枝野幸男代表は「ノー」と答えた。
さらに「現在の安保法制が集団的自衛権という違憲の部分を含んでいる。
自衛隊を明記したら違憲の物を追認することになる。
専守防衛の範囲に戻せということを先行しないと議論が進まない。
憲法9条を自己目的化するような議論には乗るつもりはない」と述べた。
改憲自体に反対の姿勢をとっているのは社民党、共産党。
日本共産党・山下芳生副委員長は憲法改正について「反対」と述べた。
さらに「軍事的な対応で日本の平和が守られるのではない。
日本が戦争の当事者になる危険性がある」と述べた。
社民党・福島みずほ副党首は「憲法9条改悪断固反対。
安倍総理は9条3項に自衛隊を明記すると言っている。
災害救助の自衛隊ではない。
違憲の安保関連法の合憲化なので集団的自衛権の行使、世界で戦争する自衛隊を明記するということになる」と述べた。
日本維新の会・松井一郎代表は安倍総理の自衛隊位置づけについて「自民党の中でも3項についてはまだ決まっていない。
議論をしたいと思っている。
国際情勢で自衛隊の位置づけは考えていくべき」、公明党・西田実仁広報委員長は「自民党の考えに対して一概に否定しない」と述べた。
映像提供:航空自衛隊。
合同軍事演習の映像。

テレビプレス テレビすべて

特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(政治、経済、社会)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.