テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2017/10/14
BS1 【BSニュース】
自衛隊機の緊急発進・中国機対応が減少



関連記事
10/19(木)
(日本テレビ[スッキリ])
今年の自衛隊機の事故。
5月に北海道で偵察機が山に墜落、4人死亡。
8月に山口で輸送ヘリが横転、3人がケガ。
青森で哨戒ヘリが墜落、3人が現在も行方不明。
おととい静岡の沖合で救難ヘリ(搭乗員4人)が不明。
きのう茨城で訓練中の戦闘機が出火。
元航空自衛隊パイロット・本村久郎によると新型兵器購入のため整備や訓練に使う予算が圧縮されている可能性。
他国との緊張状態により隊員の仕事や負担が増えていると分析。
自衛隊の緊急発進回数のグラフ。
2016年は851回。
領空侵犯、スクランブル、北朝鮮、ミサイル迎撃システム、自衛隊、米国空軍に言及。
坂口孝則、モーリーロバートソンのスタジオコメント。
百里基地(茨城・小美玉市)、航空機UH60Jの映像。
資料・防衛省。
10/19(木)
(TBSテレビ[あさチャン!])
防衛省によると茨城県の航空自衛隊百里基地で飛行訓練前のF4戦闘機が滑走路手前で左主脚を破損。
燃料タンクが滑走路に接触し出火したという。
パイロット2人にケガはなかった。
小野寺防衛大臣は「飛行の安全に関わる重大な問題だ」として、すべての同型機の安全性を確認するよう指示したという。
防衛省の映像。
10/19(木)
(テレビ朝日[グッド!モーニング])
航空自衛隊のF4戦闘機が離陸するため滑走路へ移動中、車輪が折れ激しく炎上。
防衛省によると、離陸直前に事故が発生。
小野寺五典防衛大臣は、飛行機の「脚の部分の左側に不具合が生じた」とコメント。
F4戦闘機・通称「ファントム」は米国で開発。
ベトナム戦争で使われた古い機種。
元航空自衛隊空将・織田邦男は「古いため機体に疲労がたまると不具合が出てくる可能性」と電話コメント。
自衛隊機の事故は今年だけで5件発生、おとといの墜落事故に続き2日連続。
小野寺防衛大臣は「北朝鮮あるいは中国を含めた安全保障環境が厳しい中、任務が頻発しているという事実はある」とコメント。
茨城・百里基地、茨城空港公園、静岡・浜松沖の捜索の映像。

テレビプレス テレビすべて

特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(全ジャンル)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.